日本社会に馴染みやすいギャンブル

少し賢いサラリーマンの方なら、一度はかじったことがあるのがオンラインカジノ。
パチンコや競馬などに比べて手元に残る金額が多いオンラインカジノは、もはやギャンブルではなく投資としての価値があります。

人気うなぎ昇りのオンラインカジノですが、今回は少し見方を変えて
「どうしてオンラインカジノが、こんなに日本で流行っているのか」
と言う点について、日本ならではの社会的構造について見ていきたいと思います。

見方を変えることで、グッとオンラインカジノの世界がもっと楽しくなりますよ。

景気がイイのは見た目だけ?日本のおちいるワナとは…?

安倍政権になり、日本では株価も軒並みアップしています。
少し前までは1万円割れしていて株価も、あれよあれよという間に2万円超え。
内閣府がおこなった最新の調査によると、日本人のおおそ7割以上の人が「今の生活に満足している」といい答えをあげています。
メディアの報道によると大手企業の賃金やボーナス支給額もグイグイ上がっているため、データから見る限り、日本はまれに見る好景気に突入している…と断言することができそうです。

けれども筆者を含めて
「日本の景気が本当に良くなっている」
と心から実感できている方は、実はほんのひと握りなのではないでしょうか。
多くの人は汗水たらして働いても、社会保険や住民税がガッツリ引かれ、雀のなみだほどの給料しかもらっていないはず。
給料が良くなっても、ガソリン代や家賃・光熱費などの物価が上がっているため「出ていくお金」はむしろ以前に比べて増えているのです。

手取りの給料が少ない今の日本を救ってくれるのが、いわゆるサブマネーの存在です。
サブマネーというのは、オンラインカジノや株式投資・外国為替などで儲けた、いわゆる第二のお金のこと。
本業でなかなか儲けが上がらないので、多くのサラリーマンがこうして第二の収入をゲットしているのです。
日本でオンラインカジノにハマっている人が多いのは
「会社の給料が思うように上がらない」
「生活が苦しい」
ことのあらわれなのです。

窮地の日本を救うのは、オンラインカジノ

お金が無いように思える日本ですが、実は国民1人1人が持っているマネーはケタ違いなもの。
日本国民が家庭のあちこちに隠している、いわゆる「タンス貯金」の額はなんと総額43兆円といわれています。
不景気を好景気に替える大きなカギを握るのが、実はタンス貯金をどう内から外に引き出すかということ。
眠っていたお金を家の中から外へ、徐々に押し出していくことによって、日本経済に大きな活力を与えることができるのです。

マネーを短時間で一気に回転させることができる手段の一つとして話題なのが、オンラインカジノです。
オンラインカジノの良さは非店舗型だということ。
お店に行かなくても、本場ラスベガスの興奮を自宅で味わうことができます。
ブラックジャックやルーレットなど、有名なゲームを家庭の中で楽しむことができるため、コスパの良さは最大です。

オンラインカジノで得た収益は、たとえば新車を購入する・最新のタブレットを買う・スマホの購入代につかうなど「社会を活性化させる起爆剤」となってくれます。
オンラインカジノで得た収益が周り回って日本の経済力をアップさせてくれるのです。
夢物語のように聞こえるかもしれませんが、コレはあながちウソでは無い話。
いまあなたが使用しているオンラインカジノが、世界経済を大きく変える日が、すぐ近くまで迫ってきています。

社会に不満があるなら「富をつくる」側にまわろう

一生懸命仕事をしているのに、なかなか給料が上がらない。
仕事ぶりが、上司に評価されない。
会社では課長に怒られ、家に帰って妻と子どもに怒鳴られている…。
人生の嫌な部分に目を向けると、数えきれないくらいのグチや不平不満であふれてきます。

もし今の人生にモヤモヤとした不平等感を感じるのであれば、いっそのこと「マネーを作る側に回る」…という発想の転換が必要になります。
「センスも才能もない僕には、絶対に無理だよ」
なんて弱音を吐かないこと。
アップルの創業者として知られる経済のカリスマ・スティーブ・ジョブズ氏も過去
「機会やチャンスは、誰にでも平等にある」
と偉大なコメントを残しています。

才能やセンスが無いと感じる方でも、今すぐ始めることができるのがオンラインカジノの良さ。
こ難しい経済学に詳しくなくても、漢字の読み方が少しくらい分からなくても、誰でもゲーム感覚でスタートさせることができます。

大手企業の株を購入したりドルを大量に買うことを考えると、少額で、あるいは無料でスタートできるオンラインカジノは、まさに手を伸ばしやすい副業のひとつ。
海外でおじいちゃん・おばあちゃんの暇つぶしとして楽しまれているオンラインカジノは、他の投資と比べてフレンドリーで親しみやすい遊戯となっています。

日本社会に不平不満があるのなら、まずは自分が「お金を生み出すチカラ」を蓄えてみること。
お金を生み出す環境は、思っているよりも簡単。今スグ作ることができます。