オンラインカジノは法律上どうなの?

オンラインカジノは合法?違法?

オンラインカジノを始める際に気になるのが、「オンラインカジノが合法なのか違法なのか」ということです。
日本国内では、賭博罪または常習賭博剤という法律によって、国営ギャンブル以外のお金を賭けたギャンブルは違法とされています。
もちろん、カジノもその範疇に入ります。
ということは、オンラインでプレイするオンラインカジノも違法ということになりそうですが、実は必ずしもそうとは言い切れません。

問題は日本人が日本にいながらインターネットを通じてオンラインカジノをプレイすることが賭博罪に当たるかどうか、逮捕・検挙の恐れはないのかということですが、これらを語るのに欠かせない事案を時系列で列挙すると、まずは2016年に3つの事件が起きています。
引用:オンラインカジノは違法?合法?

オンラインカジノに関する法律はまだ整備中

法律

現在、日本国内においてオンラインカジノに関する法律はまだ設定されていません。
なぜなら、大手のオンラインカジノはすべてサーバーが海外にあるため、日本国内でプレーしたとしても、海外にアクセスしているということになるため、日本の法律がそこで適用されるかどうかということがはっきりしていないのです。

日本国内でも多くの方がオンラインカジノをプレイしていますが、取り締まられていないのは、オンラインカジノという存在自体がまだ法律の上でどのように取り扱えばいいのかがはっきりしていないためです。
つまり合法と言い切れるものでもなければ、違法と言い切れるものでもないのです。

日本国内では、ヨーロッパに比べてオンラインカジノの普及率は低いです。
そのため、まだ法律を整備する必要がないという判断がされているのかもしれません。

海外のカジノを日本で遊ぶという行為

日本人がラスベガスやマカオといった海外のカジノに足を運んでお金をかけたゲームを行うことは、もちろん合法です。
なぜなら、その国で合法なのか違法のかが重要だからです。
人種は関係ありません。

つまり、カジノは海外に存在し、現地で日本人がプレーするという場合は問題がないのです。
オンラインカジノの場合、カジノは海外にあるが、日本人が日本でプレーしているということになるのが大きなポイントです。

この場合、どちらの法律に合わせた判断をするかということが非常に難しいのです。
2016年に、オンラインカジノをプレイしていたお客さんが起訴されるという事件が起こりました。
これは海外のサーバーを使ったオンラインカジノなので、日本人が日本国内で海外のサーバーを使ってオンラインカジノを楽しんだというパターンです。
大手のオンラインカジノを含めて、このパターンが多いのですが、この事件で問題となったスマートライブカジノの場合も、海外にサーバーがありました。
しかし、ディーラーが日本人であったり、日本語でチャットができる状況であったりと、日本人向けにカスタマイズされたオンラインカジノだったため、起訴されたのではないかと言われています。

オンラインカジノが合法か、違法かというのは今のところグレーですが、安全に遊びたいのであれば明らかに日本人向けといったサイトは避けるべきかもしれません。