ベアビック法を使ったルーレットの勝ちかたや注意点

ルーレットは完全確率で出目が決定するため、運の要素が強いカジノゲームではありますが、勝ちかたを知っておくことで勝率を高めることができます。
ルーレットの勝ちかたには有名な攻略法が数多くありますが、その中でも是非ともおすすめしたいのが、ベアビック法を使った勝ちかたです。
かなり大胆不敵な攻略法ではありますが、金額よりも勝ちかたを優先したい方にベアビック法はとってもおすすめです。

そこで今回は、ベアビック法を使ったルーレットの勝ちかたや注意点について詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。
「とにかくルーレットで勝ちたい!」「大敗したくない!」という方の参考になれば嬉しいです。

ベアビック法とは

ベアビック法とは

ベアビック法とは、成功率94.5%と高い勝率を誇る攻略法で、これはヨーロピアンルーレットだけに使える勝ちかたです。
アメリカンルーレットも同じルーレットではありますが、0のほかに00もあることから、ベアビック法の勝率が落ち、効果的ではありません。

やり方は非常にシンプルで、ルーレットテーブルに36個並ぶ数字の中から、35個の数字を選び、それぞれ同額をベットするだけです。
最低ベット金額は1ドルでも構いませんが、絶対に全て同額ベットしてください。
一箇所でも増やしたり減らすことでベアビック法のロジックが崩壊し、成功率94.5%を下回ってしまいます。

例えば35個の数字に1ドルづつベットしたと過程した場合、的中すれば36倍が払い戻されるので36ドルが戻り、結果的に1ドルの勝利となります。
もちろん2ドルベットしていれば2ドルの勝利ですし、3ドルベットしていれば3ドルの勝利となりますが、例えば3ドルですと、35箇所ベットで105ドルも必要です。

105ドルベットして払い戻されるのが108ドルですので、外した時のことを考え、ベット金額は少なめにし、小さくコツコツと勝利を積み重ねていくことをおすすめします。

ベアビック法を使って勝つためのコツ

ベアビック法を使って勝つためのコツ

ベアビック法は、確かに勝率の高いルーレットの勝ちかたですが、ただ闇雲に35箇所へベットし、長々とプレイするのはよくありません。
大切なのはベアビック法を実践するに当たってのマイルールを決めておくことで、このマイルール設定がベアビック法を使って勝つためのコツとなります。

まず大前提として、ベアビック法をスムーズに使うためにはオンラインカジノがおすすめで、時間に厳しい制限のあるランドカジノでは不向きです。
ベアビック法は必ずオンラインカジノで実践しましょう。

そしてマイルールを決める時には「連勝数」と「実践回数」をはっきりさせておきましょう。
確率上、ベアビック法は20回に一度の割合で外しますので、例えば15回でリセットする、18回で止める、のように連勝数を設定します。

そしてズルズルとベアビック法を何度も何度も実践しても、ルーレットのペイアウト率自体が100%を下回っているため、最終的には負けることとなります。
このことから、一日に何度までベアビック法を実践する!というマイルールを決めます。

このように、ベアビック法を使って勝つためには、連勝数と実践回数のマイルール設定が最も重要なコツと言えます。

ベアビック法のメリット・デメリット

最後にベアビック法を使った勝ちかたにおけるメリットとデメリットをご紹介します。
まずベアビック法のメリットは、やはり成功率94.5%で勝てるということで、20回実践したら19回はベット金額と同額の収益を得ることができます。

そしてやり方も簡単ですので、ルーレット初心者から上級者まで実践可能で、オンラインカジノでしたらリベット機能がありますので、毎ゲームわざわざベットし直す必要もありません。
このように、成功率が高く簡単に実践できるのがベアビック法のメリットです。

逆にベアビック法のデメリットとして、確率こそ低いですが、5.5%で外れる可能性があり、一回で大きな損失が発生してしまうことです。
この損失を取り戻すためには、再び一からリセットしなければいけなく、そこからの挽回は非常に困難になります。

ですのでこのデメリットを払拭するためには、連勝数と実践回数のマイルールが必要不可欠であり、何も考えずにベアビック法を実践するのは非常に危険なのです。

ベアビック法のメリット・デメリット

まとめ

今回は、ベアビック法を使ったルーレットの勝ちかたや注意点についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
ベアビック法は、誰でも今すぐに実践可能で、勝率も94.5%と非常に高いですが、5.5%で全てが台無しになってしまうことを忘れてはいけません。

5.5%と聞きますと、「そんな低確率は気にしない」と思われる方もいらっしゃいますが、ギャンブルにおいての5.5%はかなり高いと言わざるを得ません。
ベアビック法を開始した直後のゲームで、その5.5%を引いてしまうことだって普通に起こりえます。

だからこそ、連勝数と実践回数のマイルールをきちんと設定しておき、損失が発生して取り戻すのが難しくなりそうな場合には、スパッと損切りする覚悟が必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください