最新にして最安の手数料が自慢の決済手段

オンラインカジノの入出金は意外と大変

オンラインカジノは勝ちやすく遊びやすいギャンブルです。
ペイアウト率は95%という高さですし、24時間365日いつでも好きな時に遊ぶことができます。
こうしたオンラインカジノの魅力に惹かれ、オンラインカジノを始めてみたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

日本人のオンラインカジノ利用者数は毎年増え続けていますが、始めてみたいと思いながらもその利用を諦めてしまっている方も少なくはありません。
なぜ、始めてみたいと興味を持ちながらも始められずにいるのかというと、それは入出金が意外と大変だからです。

オンラインカジノは海外のギャンブルです。
そのため、オンラインカジノを始めるにはまず海外のオンラインカジノ口座に入金しなければなりませんが、日本国内の銀行口座から海外の口座へ入金するには、海外送金を利用しなければなりません。

海外送金は手続きに手間がかかるだけでなく、送金が完了するまでの時間も数日要しますし、なにより手数料が非常に高くついてしまいます。
こうした海外送金にかかる時間、費用を手間と感じ、オンラインカジノの利用を諦めている方が多くいます。

海外送金の他にも入金手段はある

海外送金は確かに時間も費用もかかってしまいますが、オンラインカジノへの入金方法は海外送金だけではありません。
最近はオンライン決済サービスという、仮想のオンライン上の口座を用いた入出金方法がオンラインカジノの主流となっています。

オンライン決済サービスは海外送金と比べると、安い手数料で素早く送金することができます。
アカウント作成も無料ですし、スマートフォンからも操作できるのでいつでも気軽にオンラインカジノとの間での資金の移動を行うことができます。
このように今ではオンライン決済サービスのような便利な入出金方法がありますので、オンラインカジノの利用に足踏みする必要はないでしょう。

オンラインカジノの最新入出金方法

2019年に入りオンラインカジノの入出金に関する嬉しいニュースがありました。
日本人のような海外のプレイヤーの負担を解消するための新決済サービスが登場したというニュースです。
それはペイトラという決済サービスで、オンライン上の口座を利用し送金を行えるオンライン決済サービスです。

ペイトラは送金の速さに関しても十分に速く魅力的なのですが、一番の魅力は手数料の安さです。
オンライン決済サービスは海外送金よりも手数料を安く利用できましたが、それでも手数料はゼロではありませんでした。
場合によっては一度の入金、出金で数千円かかることもあるので、手数料が安いといってもそれは海外送金と比べた上でのものでした。

その点、ペイトラはオンライン決済サービスを利用する上で悩みとなっていたその手数料の問題を上手く解消することに成功しました。
ペイトラは、ペイトラ口座への振込手数料以外は手数料を必要としません。
オンラインカジノへの入出金に加え、ペイトラ口座から日本国内の口座への出金も無料となっています。

ここまで手数料を抑えられていると、唯一必要となる振込手数料が高いのではないかと疑ってしまいますが、振込手数料は決して高いものではありません。
なぜならペイトラ口座への振込は国内銀行振込にて行うことができるからです。

ペイトラも海外の企業が運営するサービスですが、日本人が気軽に利用することができるよう日本国内に代理業者を設けています。
ペイトラ口座へ入金する場合、その代理業者が保有する国内口座宛に入金することになるので、大きな金額を入金する場合でも振込手数料はほとんどかかりません。
しかも国内口座への振込で入金できることから、ペイトラ口座への入金額の反映も時間をかけずに行えます。
銀行営業日の営業時間内であれば、30分程度で入金額がペイトラ口座へ反映されます。

ペイトラ口座からオンラインカジノ口座への入金はほぼリアルタイムで行えますので、ペイトラ口座にさえ入金しておけばすぐにオンラインカジノを楽しむことができます。

【ペイトラを利用できるオンラインカジノは3サイトのみ】

ペイトラは誕生して間もない決済サービスであるため、オンラインカジノ業界にはまだ広く普及していません。
現在のところペイトラを利用できるのは、ジパングカジノ、カジノジャンボリー、ラッキーベイビーカジノの3サイトのみです。
この3サイトはジパングカジノグループが運営しているオンラインカジノです。

現状ペイトラが使えるオンラインカジノはジパンググループに限られてしまうのですが、ジパンググループのオンラインカジノは以前から完全日本語対応でサービスを提供していますので、日本人にとってはとても遊びやすいオンラインカジノです。
サポートへの問い合わせも日本語対応となっているので、わからない点があっても日本語で解決してもらうことができます。

そして、この3サイトは採用しているソフトウェアは一流どころばかりですし、定期的に外部監査機関の監査を受けているので安全性に関しても優れています。
ペイトラを利用できるオンラインカジノがこの3サイトだけであっても、日本人にとってはどのサイトも魅力的なので、利用できるオンラインカジノが限定されていてもまったく問題ないでしょう。

悪徳業者が運営するカジノを避ける方法

スマホ片手に楽しめるゲームは、自分の好きなタイミングでできる上に手軽に楽しめるので、若い人を中心を夢中にさせています。
しかし、ネットでできるゲームはさらに進化してネットギャンブルという新しい娯楽を提供してくれてました。
それがオンラインカジノというネット型のギャンブルゲームです。

単なるゲームではないオンラインカジノ

単なるゲームではないオンラインカジノ

オンラインカジノはパソコンだけでなくスマートフォンからでも参加することができるので、見た目はオンライン型のゲームのように見えますが、実際は本場カジノのオンライン版ギャンブルと理解した方が正しいかもしれません。

ネット上のギャンブルなので、実際のお金を賭ける時には電子マネーや電子決済、ビッチコインのような仮想通貨で入金します。
入金さえ済ませてしまえば、後はカジノサイトで提供されているゲームでベットして予想したり、勝負をして配当金を狙うことができます。

他ギャンブルと違う点は?

今までギャンブルと言うと競馬や競輪などがありましたが、これらのギャンブルと違う点は、豊富なゲームの中から自分の好きなゲームを選んで賭けることができる手軽さ・気軽さでしょう。

オンラインカジノのサイトは海外の色々な所で公開されているので、24時間いつでも参加することができます。
仕事が終わり帰宅中の電車の中や、外回りで空いている時間を使って僅かな時間の中でかけて稼ぐことも不可能ではありません。
このように自分のペースに合わせて参加できるために、スマホを使っている人ならオンラインカジノで遊ぶことができるのです。

オンラインカジノの歴史

若い世代を中心に盛り上がるオンラインカジノは、いつ頃から始まったのでしょうか?
実はその歴史は古くはなく、1990年代に始まったとされています。
イギリス連邦のメンバーであるアンティグア・バーグーダでオンラインカジノのライセンスを発行する法律が作られたのです。

その2年後にはオンラインカジノが始まったのですが、当時はまだインターネットの環境も立ち上がったばかりで、本格的な動きはネット回線の広帯域化を待たなければなりませんでした。
その後、光回線による高速化・公衆回線の無線化などにより、オンラインカジノが楽しめる土壌ができ始めた結果、オンラインカジノの普及が爆発的に進み広がっていったのです。

それから20数年が経ち、今では世界中で多くの人々が手元のスマホでブラックジャックでディーラーと勝負をしたり、ポーカーで他のプレイヤーを勝敗を競うことができるわけです。

オンラインカジノには詐欺やインチキは存在する?

オンラインカジノには詐欺やインチキは存在する?

このように自分の好きな時に楽しむことができるオンラインカジノですが、注意しなくてはならないことがあります。
それは、カジノサイトの中には、非常に悪質なサイトがあることです。
見た目上は、オンラインカジノのゲームを公開しているような素振りをしながら、会員からの賭け金を騙し取ることを目的に公開されていますが、まるでフィッシングサイトのような詐欺サイトといえます。

これらのサイトでは、会員登録や入金までは簡単に行うことができるので、プレイヤーは全く疑うことをしません。
しかし、実際にゲームを始めようベットして進めたくでも、画面はフリーズ状態となってしまい、先に進むことができません。
その時点ですでに詐欺サイトに騙されているのです。

残念ながらオンラインカジノには、このようなインチキサイトが存在するので、注意をしなくてはなりません。

ライセンスで優良・悪質を見定める

では、このような詐欺的なサイトを避けて優良サイトを見定めるためには、どのようなことをしなくてはならないのでしょうか?
それは、ライセンス(カジノ運営許可証)を取得しているサイトを選択することに他なりません。

オンラインカジノのライセンスを取得するためには、厳しい審査を受ける必要があるので、この許可を受けたサイトは信頼のおけるカジノと言えます。
しかも、このライセンスを持つサイトは、取得後も非定期で第三者機関の審査も受けて合格する必要があります。
この審査に通らないと、せっかく取得したライセンスが失効となるので、たとえカジノを運営している最中でも、事業を止めなければなりません。

それだけオンラインカジノの公平性・透明性が担保されいるので、オンラインカジノでのライセンスは大きなステータスを持っていることになるのです。

事業者から見ても魅力の大きいカジノ

事業者から見ても魅力の大きいカジノ

これだけ厳しい審査を求められても、運用管理を徹底できるのは、やはり事業者から見ても大きな魅力があるからです。
日本のギャンブルと比べてペイアウト率が非常に高いオンラインカジノは、一見事業者の利益が非常に少ないと思われてしまう場合があります。
しかし、グローバル規模でインターネット経由でプレイヤーが絶え間なく集まってくるわけなので、1度カジノサイトをオープンさせることが出来れば、これほど、魅力的なビジネスがないかもしれません。

理論上不敗の攻略法と制約

マーチンゲル法とはどんな攻略法なのか

マーチンゲル法とはどんな攻略法なのか

ギャンブルをするにあたっての一番の目的は利益を得ることでしょう。
もちろんゲーム自体を楽しむこともギャンブルの目的の1つですが、やはり利益を得ることがなによりもの目的となります。

オンラインカジノはその他多数のギャンブルと比較して利益を得やすいギャンブルサービスです。
日本のギャンブルのパチンコ、競馬、競輪などの還元率が70%前後となっているのに対し、オンラインカジノの還元率は95%前後となっているので、オンラインカジノがどれほど利益を得やすいギャンブルかがわかるでしょう。

しかし利益を得やすいといっても、ギャンブルである以上運営側に利益が出るような仕様になっています。
運営側が利益を上げられなかったら、サービスとして成り立たないのでこれは当然のことです。
還元率の高さが魅力のオンラインカジノであっても、多くの場合プレイすればするほど利益を残しにくくなります。

しかしオンラインカジノの儲ける手段はカジノゲームであるため、カジノゲームの攻略法を用いれば、利益を残せる可能性を高めることができます。
実際、カジノゲームの攻略法は多数ありますが、その中でも高い知名度を誇っているのがマーチンゲール法です。

マーチンゲール法は勝率50%のゲームに有効な攻略法で、ベット額をその時により決めるフラットベットとは違い、システムベットと呼ばれる決められた手順に沿って決められたベット額でプレイしていく攻略法です。

システムと名が付いている賭け方のため、手順に難しさを感じてしまいますが、マーチンゲール法の賭け方はとても簡単で、負けが続いている間倍賭けをしていくだけです。
10ドルを賭けて負けたら次のゲームでは倍の20ドルを賭け、また負けてしまったら次は40ドルを賭けます。続けて、80ドル、160ドルと勝つまで倍で賭けていきます。

この倍賭けにどのようなメリットがあるのかというと、それは1回でも勝てば負けた分を取り戻すことができるということです。
最初に10ドルを賭け負けると収支は-10ドルとなりが、次のゲームで倍の20ドルを賭けて勝つと収支は+10ドルとなります。
これはどれだけ連敗が続き、ベット額が大きくなっても同じです。
マーチンゲール法を用いれば、1度の勝ちで収支のマイナスを解消し、最初に賭けたベット額分のプラスに転じさせることができます。

ゲームをプレイし続ければ必ずいつかは勝つことができるので、マーチンゲール法を用いれば理論的には負けることがありません。
どんなギャンブルでも負けが続くと精神的に弱くなってしまうものですので、このような負けることがないという強みはギャンブルを行うにあたり、とても大きな支えにもなってくれます。

連敗する確率の低さが魅力の1つ

連敗する確率の低さが魅力の1つ

マーチンゲール法は連敗に応じてベット額が倍に上がっていきますが、実際は連敗する確率はかなり低いので、ベッド額が初めの100倍以上に膨れ上がることはまずないと考えて良いでしょう。

マーチンゲール法は勝率50%のゲームに用いるため、初めのゲームで負ける確率は50%です。
続いて2連敗する確率はさらに半分の25%、3連敗になる確率は12.5%と連敗の確率は回数を重ねるごとに半分に減っていきます。
賭け金が100倍を超えてしまうのは7連敗し、8度目のゲームとなります。
7連敗する確率は0.8%しかありませんので、まずここまで負けが続くことはありません。
これが10連敗となると負ける確率は0.1%にまで下がります。

マーチンゲール法はこうした連敗する確率の低さも意識した攻略法であるので、カジノゲームの攻略法の中でもプレイヤーからとりわけ高い人気を誇っています。

ベットリミットは必ず確認しておくようにする

ベットリミットは必ず確認しておくようにする

実際のカジノと同じく、オンラインカジノにおいてもゲームに賭けられる最大のベット額が決まっています。
この最大のベット額はリミットベットと呼ばれ、各ゲームごとに設定されています。
マーチンゲール法は連敗するに従いベット額を倍にしていく攻略法ですので、リミットベットに到達してしまわないようにリミットベットを意識した上で用いることが重要となります。

万が一リミットベット以上のベット額が必要となると、せっかくのマーチンゲール法もその効果を発揮することができません。
最悪の場合、膨らんだマイナスを取り戻すことができずトータル収支が大きなマイナスとなってしまう可能性もわずかながらありますので、マーチンゲール法を用いる際はプレイするゲームのベットリミットを必ず確認するようにしましょう。

そして、そのリミットベットの確認に加えて、どのくらい連敗が続くとどのくらいのベット額が必要となるのかということもシミュレーションしておくことをおすすめします。
紙などに連敗数に応じた必要ベット額をメモしておけば、一目でベットリミットまでどのくらいかを知ることができますので、自分がわかる程度のもので良いので、手元にそうしたメモを置いておくと良いでしょう。

こうしたベットリミットの関係もありますので、マーチンゲール法に慣れるまではミニマムベットからスタートし、勝ち負けの感覚を掴んでから初回ベット額の調整を行うようにすると良いでしょう。

高い信頼と安心のサポートが人気を呼ぶカジノ

日本人スタッフによるサポート対応

日本人スタッフによるサポート対応

オンラインカジノについて検索すると必ずヒットするのがベラジョンカジノです。
なぜベラジョンカジノが検索上位に上がっているのかというと、それはベラジョンカジノが日本人から高い評価を受けているからです。

ベラジョンカジノは、オンラインカジノ業界では数少ない日本語に対応しているオンラインカジノです。
サイトのアカウント作成画面から日本語表示となっているので、英語をはじめとする外国語に不慣れな方でも安心して利用することができます。
特に嬉しいのは入出金に関してです。
実際にお金を動かす入出金も日本語で方法が表示されるので、誤った方法を選択したり、誤った解釈により上手く入出金ができないというような事態に陥ることはありません。

また、ベラジョンカジノはサイトやゲームが日本語で表示されるだけでなく、日本語でのサポートも受けることができます。
ベラジョンカジノではメールの他にチャットでのサポートを行っています。
どちらの方法でも現地の日本語ができるスタッフではなく、日本人スタッフの対応を受けることができますが、問い合わせ対応が早いのはチャットです。
混み合っている時でなければ、すぐに日本人スタッフに繋がりますので、リアルタイムでわからない点を解決してもらうことができます。

こういった日本語表示、日本人スタッフによるサポート対応があることからベラジョンカジノは日本人から高い評価を受けるオンラインカジノとなっています。

安全性の高いオンラインカジノ

安全性の高いオンラインカジノ

オンラインカジノは世界に数え切れないほど存在しています。
そして、その中には払い戻しをできないように操作したり、ゲームの勝率を大きく下げたりする悪質オンラインカジノも存在します。
悪質なオンラインカジノの特徴は、海外の政府が発行している運営のライセンスを持っていないということです。

オンラインカジノの運営には運営会社のある国の政府よりライセンスを発行してもらう必要があります。
ライセンスを取得するのは非常に難しいため、オンラインカジノはそんな簡単に始められるサービスではありません。
もちろんベラジョンカジノもライセンスを取得し運営を行っています。
ベラジョンカジノの運営会社はDumarca Gaming Ltdという会社で、地中海に浮かぶマルタ島に拠点を置いています。
拠点がマルタ島にあるため、マルタ島のライセンスを取得しているのですが、ベラジョンカジノはさらにイギリスとデンマークのライセンスを取得しています。

オンラインカジノは拠点を置く政府のライセンスだけでなく、オンラインカジノを合法としているその他の海外の国の政府のライセンスも取得することができます。
3つのライセンスを取得しているというだけでも安全性が高く信頼できるオンラインカジノと判断することができるのですが、マルタ島、イギリス、デンマークのライセンスはその他の国のライセンスと比べて取得難易度がかなり高くなっているので、ベラジョンカジノはその他のオンラインカジノよりもずっと安全で信頼できるオンラインカジノであると言えます。

日本人はオンラインのサービスになによりも安全性を求めますので、このようなベラジョンカジノの安全性の高さもまた高評価となっている理由の1つです。

多くのソフトウェアを採用している

多くのソフトウェアを採用している

オンラインカジノのゲームは運営会社とは別のソフトウェア会社がすべて作っています。
運営会社がソフトウェアに関係していないことによって、ゲームの公平性、公平さを保つことに成功し、不正のないギャンブルを常に提供することができています。

このソフトウェア会社は、1社または2社程度を採用している場合が多いのですが、ベラジョンカジノは20社ものソフトウェア会社を採用しています。
採用会社の中には、ソフトウェア会社の中でもトップクラスであるマイクロゲーミングやネットエントの名もあります。
トップクラスのソフトウェア会社を採用するのはそう簡単なことではありません。
ソフトウェア会社側もソフトウェアを貸し出すに相応しいオンラインカジノかどうかの審査を行うので、トップクラスのソフトウェア会社を採用しているということはソフトウェア会社にもその運営力を認められたオンラインカジノであると言えるでしょう。

20社ものソフトウェア会社を採用しているため、自然とゲーム数も多くなります。
一般的なオンラインカジノの場合、100~200程度のゲーム数となっていますが、ベラジョンカジノはそうした一般的なオンラインカジノの3倍以上の700ものゲームを提供しています。
これだけゲーム数が多くても採用しているソフトウェア会社の数も多いので、似たり寄ったりのゲームが多いということもありません。
700それぞれのゲームごとに個性があるため、ベラジョンカジノを遊び尽くすのはかなり長い時間を必要とします。

こうした飽きることなくいつまでも楽しめるゲームが数え切れないほど用意されていることにより、ゲームにはかなり厳しい日本人でも十分満足することができるオンラインカジノとなっています。

気軽に使え充実感も得られる攻略法

マーチンゲール法やココモ法と並んで、とても有名な戦法にモンテカルロ法というものがあります。
モナコのモンテカルロといえば、カジノの聖地です。

モンテカルロのカジノを潰すほど荒稼ぎした戦法ということで、モンテカルロ法と呼ばれています。
今回は、このモンテカルロ法について、そのやり方やメリット、デメリットについて解説していきます。

モンテカルロ法のやり方

モンテカルロ法は、2倍配当か、3倍配当のゲームで使えます。
倍率によってやり方が異なるのが特徴です。

モンテカルロ法のやり方

モンテカルロ法は、基本的に紙とペンを使います。
ランドカジノの場合、テーブルに紙とペンを出していたら、注意をされることがあります。
しかし、オンラインカジノでプレイするのに、そういった制限はありえません。

2倍配当の場合

紙に1、2、3を記入します。
ルールは、左端と右端の数字を足した額をベットすることです。
なので、最初は4ドルを賭けます。

負けたときは、右に負けた額を記入します。つまり、1、2、3、4となります。
逆に勝ったときは、両端の数字を消すのがルールです。
1と3が消えて2だけになったので、ここで終了します。
また最初から始めます。

1、2、3、4となったら次は、両端を足した5ドルを賭けます。
また負けたら、今度は1、2、3、4、5となったので、6ドルを賭けます。
6ドルで勝ったときには、1と5が消えて2、3、4が残りますから、両端を足して6ドルを賭けることになります。
勝ったときは新たに記入せずに両端を消すだけなので注意が必要です。

数字が1つになるまで繰り返します。
こうしていけば、リスクが限りなく少なく、利益が発生します。

3倍配当の場合

3倍配当のときは、勝ったときに両端を1つずつ消すのではなくて、2つずつ消します。
これが違うだけです。
1、2、3、4、5、6の状態で勝ったら、両端を2つずつ消して3と4が残ります。
なので次は7ドルを賭けることになるわけです。

3倍配当は、負けが込んでも利益を取り戻しやすいのが特徴です。

モンテカルロ法の特徴

1回勝つだけでは不充分

モンテカルロ法の弱点は、1回の勝ちでそれまでの負けを取り戻せないということです。
何度もプレイして何回も勝たなければ、利益が発生しません。
マーチンゲール法やココモ法の場合、1回勝ちが来れば、それまでの負け分を全て取り返すことができましたから、それが弱点だといえます。

懐に優しい

懐に優しい

ただし、その分賭け金が上昇しにくく、テーブルリミットにかかりにくいというメリットがあります。
元手があまり多くない、という人でもチャレンジできる戦法です。

長引きやすい

特に長期戦になりやすいのも、モンテカルロ法のデメリットです。
かなり長引くことがあるので、そうなると、どうしても記憶のために紙とペンが必要で、それらがあっても記入自体が面倒になりがちです。

こういった面倒さから、モンテカルロ法を好まない人も多いです。

利益が発生しやすい

ただし、どれほど面倒でも、数字が1つになるまで(1セットが終わるまで)続ければ、必ず利益が発生して終われるのが魅力です(例外として、2倍配当では損をすることがある)。

このように、頑張った甲斐のある結果が得られる確度が高いことが、モンテカルロ法がここまで有名になり、長く続いている戦法となっている所以です。

モンテカルロ法のメリットとデメリット

メリット

モンテカルロ法のメリットは、やはり賭け金が増大しにくいので、負けたときのリスクが少ないことです。
なるべく精神的な負担を少なくして、楽な気持ちで楽しみたい人に向いています。

また、紙とペンを使って数字を記入しながらプレイするので、戦法を使っているという充実感を得られると感じる人も少なくありません。
特にカジノにあまり詳しくない彼女の前で行って、結果、勝てたときには評価がぐんとアップすることがあります。
数字を記入して行い、長引くと数字の量も多くなるので、知らない人が見ると知的な印象になります。

特にオンラインカジノでは、ディーラーなど運営側の目が届かないので、堂々とできるのがメリットです。

デメリット

モンテカルロ法の場合、慣れてきてもどうしても紙とペンが必要です。
長引きやすく数字も多くなってくると、頭の中だけでは難しくなるからです。
無理にやろうとすると、計算間違いを起こしやすく、それが負けにつながります。

その手間を嫌う人には向かない戦法です。

さらに前述したように、2倍配当のゲームでは1セットが終わっても利益が残らず、損をする可能性があります。
なるべく3倍配当のゲームでするのがおすすめです。

まずは無料ゲームで試すのがベスト

まずは無料ゲームで試すのがベスト

モンテカルロ法のような紙とペンが必要な戦法の場合、いきなり実戦で試すのは危険です。
オンラインカジノでは、無料でプレイできるテーブルゲームが用意されていますから、まずはそこで試してから自分との相性を確かめたうえで、実戦に臨むのが良いでしょう。

選択肢の幅が広がる決済手段

オンラインカジノの利用方法と入金について

オンラインカジノの利用方法と入金について

オンラインカジノは最近日本国内でも個人的に楽しむ分には安心してできるものが増えてきましたが、まだまだ初心者にとっては分かりづらい点もいくつかあります。
中でもネット上のギャンブルということもあり入金や出金などの手続きは色々なものがあり、どれを選べば良いか分かりづらいでしょう。

入金に関しては主に3種類があり、クレジットカード、電子決済サービス、銀行振込から選ぶことができます。
そしてカジノという性質上買った時にはその金額を出金することができるのですが、こちらは電子決済サービスと銀行振込の2つとなってしまいます。

比較的分かりやすい入金方法

これらの入金方法で比較的身近なものとしてはクレジットカードと銀行振込があります。
こちらは普段使っているサービスと同じように使うことができますので、オンラインカジノでも簡単に入金手続きをすることができます。

しかしオンラインカジノは海外の会社が経営をしていることもあり、クレジットカードなどは該当する種類が限られたりするので、使用する際には事前にオンラインカジノのホームページ上でチェックをしましょう。
また銀行振込に関しても海外のオンラインカジノとやり取りをする性質上入出金の手続きに時間がかかったり、手数料などが高めになるというデメリットもあるのは覚えておきましょう。

オンラインカジノでメジャーな電子決済サービス

オンラインカジノでメジャーな電子決済サービス

クレジットカードや銀行振込などは普段でも使うので馴染みやすいのですが、電子決済サービスは使ったことも無い方も結構いるでしょう。
この電子決済サービスはオンラインカジノの入出金としても便利に使えるものが多く、専用のカードを作ることで提携ATMからの出金が可能になるのも便利です。
入金だけではなく出金も一元化できるので、資金の管理も分かりやすくなるのでオンラインカジノ意外にも色々と便利なのが電子決済サービスです。

電子決済サービスのエコペイズについて

オンラインカジノで利用できる電子決済サービスは色々なものがありますが、日本語対応をしているエコペイズは色々と便利なのでおすすめです。
こちらはイギリスの電子決済サービスですが、イギリス政府の統制下である金融行動監視機構からの許可と規制を受けているので安全性は非常に高いのも特徴となっています。

また海外の電子決済サービスなのですが日本語のホームページに対応しており、サポートまでも日本語で対応しているので万が一のトラブルが起こっても安心なのも嬉しい点です。
パソコンからの管理はもちろんですが、スマホなどでも簡単に色々な管理ができるのも便利です。

このエコペイズに対応しているオンラインカジノはベラジョンカジノ、エンパイアカジノ、ジャックポットシティカジノ、ネットベットカジノなど大手のカジノが揃っているので、利便性としても高くおすすめです。

電子決済サービスのアイウォレットについて

オンラインカジノの電子決済サービスとして次に便利なのがアイウォレットであり、こちらもホームページからサポートまで日本語対応となっているので安全に使えます。

こちらはイギリスと香港を拠点とする電子決済サービスですが、ウェブウォレットとしてはショッピングやゲームなどにも便利なために色々な人が使っています。
セキュリティ面でも業界標準のSSL暗号化技術とファイアウォールを備えており、香港政府発行のライセンスMSOも取得しているので、非常に高いレベルの電子決済サービスです。

エコペイズと同様に政府からの認証を得ているという共通点があり、まずオンラインカジノなので初めて電子決済サービスを使うならはこちらの2つから選ぶのをおすすめします。
ただしアイウォレットに関しては対応しているオンラインカジノがやや少なめとなっているのは注意しましょう。

最近流行りのビットコインも使える

最近流行りのビットコインも使える

電子決済サービスは最近色々な場面で使われてきましたが、電子的なお金として注目されて着ているビットコインも実はオンラインカジノで使えるようになってきました。
電子決済サービスと比べると対応しているオンラインカジノはまだまだ少ないのですが、送金スピードなどがとても早く手数料なども安いために、今後利用するオンラインカジノが増えてくると予測されています。

ビットコインに関してはセキュリティ面も最近ではより安全になってきているので、もしビットコインを持っているならば使ってみるのも良いでしょう。

自分に合った入金方法を選びましょう

このようにオンラインカジノの入金はクレジットカード、銀行振込、電子決済サービス、ビットコインなど色々なものが増えてきました。
色々な特徴があるので個人に合ったものを選ぶと遊ぶのが効率的になりますので、オンラインカジノで遊ぶ際には入金方法は必ずチェックをしておきましょう。

電子決済サービスは特に上述したエコペイズやアイウォレットなど日本語のサポートが充実しているものから選ぶと間違いないです。

業界でも珍しいポイント制を採用している決済手段

オンラインカジノの入出金手段としてのヴィーナスポイント

オンラインカジノの入出金手段としてのヴィーナスポイント

オンラインカジノの入出金手段というと、クレジットカードやエコペイズといったような電子決済サービスが主流となっています。
しかし、最近では、同じようにお手軽で、そして入出金のどちらにも対応をしている、ヴィーナスポイントが人気となっています。

ヴィーナスポイントが人気の理由はいくつかあります。
とても手数料が安く、更には反映されるスピードも早いですし、登録までも簡単というメリットがあります。
入出金の両方に対応をしているポイント制のサービスですが、クレジットカードで入金後に払い戻しを困っている方にも、ヴィーナスポイントは推奨されています。

そこで、ヴィーナスポイントのメリットやその特徴について見ていきましょう。

オンラインカジノで使われるヴィーナスポイントとは

ヴィーナスポイントはオンラインカジノで使える入出金手段の一つです。
ポイントの管理サービスの一つで、直接お金を取り扱う電子決済サービスとは異なる珍しいサービスです。
ポイントに換算し、1ドル1ポイントで換算されて貯めていき、払い戻しの際には日本の国内銀行から日本円で払い戻しして出金することが可能となっています。
引き出し上限額は1日20000ポイントと決められているものの、大きく勝たない限り十分な幅がありますので、オンラインカジノの出金手段としては最適です。

何よりヴィーナスポイントは、多くのカジノで採用されています。
ベラジョンカジノなど、大手のカジノで採用されていて、登録の際も日本語で登録できて使いやすいです。

ヴィーナスポイントを使った決済には多くのメリットがありますので、そのメリットについてご紹介をしたいと思います。

手数料が格安でお得に遊べる

手数料が格安でお得に遊べる

ヴィーナスポイントは手数料が格安なのが魅力となっています。
その手数料は90000ポイントにつき約1.8ポイントという手数料になります。
つまり、10万円でわずか200円程度の手数症になりますので、手数料が非常に安く破格の設定となっています。
これはエコペイズなどの電子決済サービスよりも圧倒的に高いのでとてもお得に遊べます。

この手数料の安さはヴィーナスポイントの最大のメリットです。

すぐ登録ができてとても簡単

ヴィーナスポイントは使い始めるまでに全く時間がかからず簡単に登録ができて、今すぐ始めることが出来るというのが大きなメリットです。

ヴィーナスポイントのアカウントの開設については公式ホームページから出来ます。
日本語に対応をしていてうまくいけば、数分でアカウントの開設が可能となっています。
名前や住所など必要事項を入力するだけで口座を開設することが出来て、そしてとても簡単です。
登録をするまで時間がかからないので、今すぐ使い始めることが出来るというのが大きなメリットです。

勿論日本語サポートも対応をしていますので、何か不明なところがあればすぐに問い合わせることも出来て、安心できます。

ポイントバックがあること

ヴィーナスポイントはポイントバックが設定されていますので、オンラインカジノへ送付することによって、ポイントが還元されることになります。
長く使い続けるだけで、自動的に少しずつポイントがコツコツと溜まりますので、とてもお得に遊べます。
その他の決済手段にはこういったポイントバックはないので、とてもお得な決済手段といえるのです。

日本国内の銀行へ出金をすることが出来る

日本国内の銀行へ出金をすることが出来る

ヴィーナスポイントは、出金にも対応をしているというのが大きなメリットです。
ヴィーナスポイントは、入金をしてからポイントに換算され、出金をする際には日本の銀行へ送金をすることができます。
リアルマネーとして国内銀行送金が出来るので、払い戻しが楽なのが魅力です。

更に、送金にも時間がかからないのがメリットです。
送金をするに当たって銀行送金なら数日程度かかってしまいますが、ヴィーナスポイントならすぐに反映されるので、スピーディーに出金できるのも魅力となっています。

ヴィーナスポイントの注意点とは

ヴィーナスポイントはこのようにメリットが多彩にありますが、注意点も当然存在しますので、気をつけましょう。

ヴィーナスポイントは、ヴィーナスポイントへ直接入金が出来ないというデメリットがあります。
あくまでもヴィーナスポイントはポイントで管理をするサービスになります。
このため、ポイントを購入したりすることも出来ませんので、これを頭に入れておきましょう。

オンラインカジノなどの提携サービスでポイントを貯めて、そして出金をするという流れになります。
ポイントを円に換算して現金化することは出来ますが、直接ポイントの追加購入なども出来ないので、そのあたりは注意が必要です。
まずはオンラインカジノから、ヴィーナスポイントの方へポイントを送って使うようにしましょう。

低ハウスエッジと種類の多さが自慢のゲーム

ビデオポーカーとは

ビデオポーカーとは

オンラインカジノのビデオポーカーは昔ながらの喫茶店で遊べるようなポーカーゲームに配当がつくというゲームです。
ゲームセンターだったり、オンラインゲームでもポーカーは登場することが多いので、知っている方もプレイを実際にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ビデオポーカーはとても魅力的なゲームとなっています。
たくさんの種類のビデオポーカーがありますので、自分に合ったものを選ぶことが出来ますし、さらに多くの配当を得ることが出来るジャックポットゲームもあります。
そこで、ビデオポーカーの特徴やその魅力について解説していきます。

ビデオポーカーの魅力あれこれ

ビデオポーカーにはさまざまな魅力があります。
たとえば、ビデオポーカーは、ロイヤルストレートフラッシュが誇る信じられないほどの爆発力というメリットがあります。
ロイヤルストレートフラッシュの爆発力は凄まじく、配当が大きくなりますし、その達成感も十分にあります。

それ以外にも、ビデオポーカーはオンラインカジノの中でもペイアウト率がとても高く低ハウスエッジのゲームとなっています。
このため非常に勝ちやすく、勝った時の払戻率が高いことになります。
更には、ベーシックストラテジーを習得することによって、波を抑えることが出来ますし、勝率を安定させることも出来ます。
このように、ビデオポーカーにはさまざまな魅力があるのです。

ビデオポーカーの基本的な遊び方

ビデオポーカーの基本的な遊び方

ビデオポーカーで遊ぶためには、まずは自分にあったゲームを見つけるためにもゲームの種類を決めましょう。
合ったものを選べば、楽しく遊ぶことが出来ます。

ビデオポーカーでは手元に5枚のカードが配られることになります。
これらのカードを使って役を作り上げます。

もしも残したいカードが有れば、ホールドといって残すことが出来て、全てチェンジしたい場合は、チェンジをすることが可能となっています。
最終的に役を作ることで、その役の難易度によって配当が異なります。

ビデオポーカーにはさまざまな機能があり、賞金を倍賭けすることが出来るダブルアップ、何十回もチャンスがあるというマルチハンドゲームという機能もあります。
さまざまなシステムがありますので、より一層ゲームが楽しめるようになっています。

ビデオポーカーの役について知っておこう

ビデオポーカーの役を作るためには、基本的な役を知っておく必要があります。
まずは、ロイヤルストレートフラッシュがあります。
これは、全て同じマークとなり、10、J、Q、K、Aの組み合わせの5枚となります。この組み合わせが最高最強の役になります。

ロイヤルストレートフラッシュ以外の組み合わせで、連続した数字であり、同じマークであればストレートフラッシュとなります。
たとえば、8~Qまでの組み合わせの5枚などはこれに当たります。

ストレートフラッシュ系以外にもフルハウスという役があります。
これは、ペアとスリーカードの組み合わせになります。
フラッシュは、5枚の同じマークの組み合わせ、ストレートは連続した5枚の数字の組み合わせになります。
しかし、エースをまたいだ場合には役と認められないので注意をしましょう。

そして、フォーカードがあります。
これは、同じ数字が4つ揃った組み合わせです。
スリーカードは同じ数字が3つ揃った組み合わせ、ツーペアはペアが二つ含まれた組み合わせであり、ワンペアはペアが一つだけ入った組み合わせです。
しかし、一般的にはワンペアだけで役が成立することは少なく、たとえば、ジャックスオアベター、テンズオアベターのように、11以上、10以上のみで役が成立するとルールで決められていることが多いです。

ビデオポーカーで遊ぶ場合には最低限これらの役について知っておきましょう。
覚える際には、無料ゲームを繰り返しやってみたりすることです。
基本的には綺麗に揃っていれば、それだけ役が高くなります。

ビデオポーカーのゲーム別の特性について

ビデオポーカーのゲーム別の特性について

ビデオポーカーと一言でいっても、実は沢山の種類が存在しています。
基本的には配当の違いや、ハンドの違いがありますし、配当が劇的に違うこともあります。
ハンド数にはシングルハンドもあれば、100ハンドまでがあり、何十回から100回までチャレンジすることも出来るのです。

また、中にはジャックポットシステムが搭載されたゲームも有り、これなら莫大な賞金を目指すことも出来ます。
種別によって、ゲームのルールも違い、ジョーカーポーカーや、デュースワイルドの場合、ジョーカーや2のカードを万能札として用いることも可能となっています。

ビデオポーカーはこのように自分のスタイルで楽しむことが出来て、種類ごとの違いを楽しめるというメリットもあります。
さらに、ベーシックストラテジーを習得することによって、基本を押さえておくことで、どの種類でも安定して勝ちを狙うことも出来るのです。

カジノの女王と呼ばれるゲームの中身

オンラインカジノのルーレットは花形のゲーム

オンラインカジノのルーレットは花形のゲーム

オンラインカジノのルーレットはカジノの花形のゲームです。
カジノの女王とも称されることもあり、非常に人気が高いです。

多くのカジノで、ルーレットのテーブルは実際に盛り上がっていますし、初心者からベテランのプレイヤーまでが楽しめる、奥が深いゲームです。
ゲーム性はシンプルでとても分かりやすく、知名度があります。
カジノだけではなく、ルーレットは世界中に親しまれているエンターテイメントの一つです。
しかし、オンラインカジノではさまざまな賭け方が出来るので、いろんな可能性を探ってみることが出来るゲームなのです。

そこで、オンラインカジノのルーレットの賭け方やその他のコツなど、さまざまなポイントについて詳しく見ていきましょう。

オンラインカジノのルーレットの魅力やメリット

オンラインカジノのルーレットは魅力的なゲームです。
まず、プレイヤーが自ら、配当を選ぶことが出来るという点で大きな違いがあり、ルーレットならではの魅力があります。
他のテーブルゲームの場合には、こういったことはありません。
これは、ルーレットのみとなっています。

そして、オンラインカジノのルーレットは非常にゲーム性に優れていて、大変面白いゲームとなっています。
シンプルながらも奥が深い点もあります。
上級者の場合は、レイアウトに沿って編集・作成をしてお気に入りのポイントを探ることが出来ますし、攻略法を駆使して、手堅く勝つことも出来ます。
このようにさまざまな楽しみ方が出来るのが大きな魅力となっています。

ルーレットの基本のルールと賭け方の種類

ルーレットの基本のルールと賭け方の種類

オンラインカジノのルーレットの基本的なルールですが、オンラインカジノのルーレットは出たとこ勝負で、プレイヤーは最初に落ちると思った場所を予測して、ベットするだけです。

ルーレットの回転盤が回り、そして玉が回し入れられますので、その後、落ちるポイントを予測します。
プレイヤーには、ヒットやスタンドといった概念は全く無く、その動きを見ながら、スリルを楽しむというゲームになります。
しかし、オンラインカジノのルーレットには、さまざまな賭け方がありますので、これを覚えておきましょう。

たとえば、賭け方には基本の賭け方であるインサイドベット、そしてそれ以外の賭け方であるアウトサイドベットがあります。
この賭け方を覚えておくことで、楽しく遊ぶことが出来ます。
無料ゲームなどで賭け方やチップの置き方などを覚えておくようにしましょう。

インサイドベットの賭け方と配当について

インサイドベットの賭け方は基本としての賭け方です。まずは数字に賭けるのが基本で、1~6目賭けまでがあります。

・1目賭けは、ピンポイントで数字に賭ける方法です。
・2目賭けは、隣り合った数字に賭ける方法です。
・3目賭けはストリートといって、3つの列に賭ける方法です。
・4目賭けはコーナーで、4つの隣接する数字に賭けます。
・5目賭けは、アメリカンルーレットのみにある賭け方です。この賭け方は、00を含めた0~3までの数字に賭けます。7倍の配当であまり高くないので、おすすめできません。
・6目賭けは、ストリートの二つ分に賭ける方法となります。

これらの賭け方は、6~36倍で、賭けることが出来る数字の数が増えるほど配当が少なくなります。
インサイドベットは、全体的に当たる可能性が低いということもあり、高い配当が目指せるゲームです。
大穴狙いだったり、大きく勝ちたいという時に向いている賭け方なのです。

アウトサイドベットとその配当について

アウトサイドベットは、インサイドベットとは違い、数字以外の場所に賭ける特殊な賭け方です。
まずは、コラム・ダズンがあり、これは、1列賭け、ダース賭けといって、それぞれ12点にわける賭け方です。
3倍の配当となっています。
そして、その他にも、ハイ・ローといって、36の数字を前半部分と後半部分に分けて賭ける方法があります。

また、レッド・ブラックといって、赤と黒に賭ける方法、そしてオッド・イーブンといって、奇数と偶数に賭ける方法があります。
これらは、配当は2倍となっています。
18の目に賭けるということもあり、それだけ勝てる可能性も高いので配当は2~3倍と低めですが、手堅く勝ちたいという方だったり、安定して勝ちたいプレイヤーにおすすめの賭け方です。

オンラインカジノのルーレットの種類とは

オンラインカジノのルーレットの種類とは

オンラインカジノのルーレットの種類ですが、いくつか種類があります。
まずは、ヨーロピアンルーレット、そしてアメリカンルーレットがあります。
ヨーロピアンルーレットに関しては、0~36までの数字となっていますが、アメリカンルーレットに関してはこれに00が加わり、数字が増えることになります。
アメリカンルーレットのほうが数字が多くなりますので、勝ちにくいと言われています。
また、使える攻略法もそれぞれ異なりますので、気をつけるようにしましょう。

IR法の成立でオンラインカジノも合法化に

IR推進法案の成立でオンラインカジノの合法化もあり得る

IR推進法案の成立でオンラインカジノの合法化もあり得る

IR推進法案、通称カジノ法案が成立したことによって、オンラインカジノの在り方も変わるのではないかと言われています。

現在オンラインカジノは日本では合法なギャンブルではありません。
しかし、日本には多くのオンラインカジノプレイヤーがいます。このプレイヤーたちがどうして逮捕されずにプレイを続けられているのかというと、合法ではないけれど違法でもないからです。

合法違法を大きく分けると、公営ギャンブル以外のギャンブルは全て違法となります。
しかし、違法ギャンブルを法で裁くには賭博罪という罪にあたるかどうかが重要となります。
オンラインカジノはこの賭博罪にあたる要素がないため、違法ギャンブルとして法で裁かれることがないのです。

オンラインカジノが賭博罪のどのような部分を避けられているのかというと、それは開帳場所、胴元がお金を賭ける側と離れたところにいるからです。
賭博罪で裁くには胴元とお金を賭ける側が同時に同じ場所に存在していることが条件です。
オンラインカジノにおいての開帳場所はサーバーが置かれている場所です。
胴元はオンラインカジノを運営する海外の企業です。
日本国内からオンラインカジノサーバーにアクセスしプレイする場合、胴元とは同じ場所に存在していませんので、賭博罪で裁くことはできないのです。

こうした賭博罪で裁けないことからオンラインカジノはグレーなギャンブルとして長く在り続けてきました。
しかし今回IR推進法案が成立したことにより、近い将来国内でのカジノ行為が合法化されることになります。
このカジノ行為の合法化はオンラインカジノにも少なくはない影響を及ぼすことは間違いないでしょう。

日本国内でカジノが認められるにあたり、カジノをどのように扱うのかについての法律が定められることになります。
お金の流れについてはもちろん、どのような点が不正にあたるのか、ギャンブル依存症の予防、対応策などが話し合われ、最終的に法律として定められます。

IR法の成立でオンラインカジノも合法化に

オンラインカジノはもう20年以上も昔から存在していますし、大手ともなるとサッカーのクラブチームのスポンサーなど有名企業のバックアップを行っていて、社会的にもかなり高い地位に属しています。
日本の政府関係者もオンラインカジノが海外で高い人気を誇り、日本人プレイヤーの数が多いことも知っています。
そして、カジノを合法化している国ではオンラインカジノもカジノ同様に合法とされているので、カジノを合法化している海外の国に遅れを取らないよう、カジノ合法化にあたりオンラインカジノも同様に合法化されてもおかしくはありません。

ただ、オンラインカジノはネットを介したギャンブルなので、ネットに対しての規定も考えなければならないので、オンラインカジノが合法化されるとしたらカジノよりも少し遅れることになるでしょう。

オンラインカジノが合法化されると嬉しいことがいっぱい

オンラインカジノが合法化されると嬉しいことがいっぱい

オンラインカジノが合法化に至るとこれまでのギャンブルに対する価値観が一気に変わってしまうことでしょう。
公営ギャンブルの競馬などは、使ったお金に対して7割ほどしかお金が戻って来ないような設定になっています。
オンラインカジノは使ったお金に対し還元されるお金は9割以上の設定になっているので、ギャンブル初心者の方でも資金を大きく失うことに対しての不安を感じることなく、カジノゲームを思う存分楽しむことができます。

そして、オンラインカジノといえばジャックポットです。
ジャックポットというのはスロットマシーンなどに搭載されている大当たりのことです。
このジャックポットはスロットマシーンの種類により配当金が違いますが、大きな配当金になるとなんと十億円を超えます。
日本にいて一億円以上をギャンブルで当てようと思うと宝くじ以外に他はありません。
しかし宝くじは使った金額の4割しか戻ってこない厳しい設定になっているので、1等の億を超える配当金を得るのは奇跡に近いものがあります。

オンラインカジノならば使った金額の9割以上が戻ってくる可能性が高いので、宝くじを買うよりもずっと高い確率で億を超える大当たりを手にすることができます。
また、オンラインカジノはパソコンからの利用だけでなく、スマホやタブレットからでも利用することができます。
しかも、一年中休みなしで24時間運営しているので、たとえば年末年始であっても自分の都合の良い時間に手軽にギャンブルを楽しむことができます。
ゲームの種類も豊富にあるので、カードゲームが苦手でもスロットマシーンがありますし、ルーレットや実際に画面の向こうのディーラーとライブで繋がれるライブゲームなどもあるので、必ず自分が楽しめるゲームに出会うことができます。

オンラインカジノにはこういったその他のギャンブルにはない嬉しい点があるため、世界的に高い人気をキープすることができています。
オンラインカジノが合法化し、こうした点がメディアなどで紹介された場合、その人気は驚くほど上昇することになるでしょう。