初心者が多い日本人でも安心できるカジノ

2019年誕生の新オンラインカジノ

ギャンボラは2019年8月に誕生したばかりの新しいオンラインカジノですが、今話題のオンラインカジノとして多くのプレイヤーがその動向に注目しています。
まだ実績を積んでいない新しいオンラインカジノながらもギャンボラが話題となっているのは、ラッキーカジノの創設者達によって誕生したオンラインカジノだからです。

ラッキーカジノもオンラインカジノ業界ではまだ新しい部類に入りますが、世界的に有名なベラジョンカジノの創設者達により設立されたことにより、あっという間に人気のオンラインカジノへと成長しました。
こうした有名オンラインカジノを設立した創設者達が関わっていることから、ギャンボラは誕生と同時に話題を呼び大きな注目を集めました。そして、その注目は今人気へと変わりつつあります。
こうした運営会社がオンラインカジノに精通しているということに加えて、ギャンボラはオンラインカジノ業界では誰もが知るマルタライセンスを取得し運営しています。

オンラインカジノの運営には海外の政府発行のライセンスが必要ですが、そのライセンスの中でももっとも取得が難しいのがマルタライセンスです。
ライセンスを取得しているだけでも安全なオンラインカジノと判断できますが、マルタライセンスを取得しているオンラインカジノは安全性はもちろん、オンラインカジノとしてのクオリティも非常に高いと判断できます。
このようなライセンスによる安全性、オンラインカジノとしてのクオリティも保証されていることもまたギャンボラが話題となっている理由の一つです。

嬉しいキャッシュバックサービス

オンラインカジノは、ボーナスという大変魅力的なプロモーションを用意しています。
ボーナスとは、アカウント開設時や初回入金時など決められた条件を満たすことにより、実際にゲームに使える資金同様のチップを受け取れるプロモーションのことです。

ギャンボラも他のオンラインカジノと同じく様々なボーナスを用意していますが、そのボーナスとはまた別にギャンボラ・プラスというキャッシュバックサービスも行っています。
ギャンボラ・プラスとは、ゲームをプレイする度にそのベット額の一部をキャッシュバックとしてもらえる、ギャンボラならではのサービスです。

ギャンボラ・プラスで戻ってきたキャッシュは、そのままゲームに使うこともできますし、ギャンボラの口座に入っている資金と同じく、現金として出金することもできます。
しかもキャッシュを使うにあたっての条件は一切ないので、ポイントカードのポイントのような感覚で好きなタイミングで自由に利用することができます。
キャッシュバックサービスを行っているオンラインカジノはいくつかありますが、ギャンボラほどのキャッシュバックを行っているオンラインカジノはありませんので、このギャンボラ・プラスはギャンボラの代名詞的なサービスと言えるでしょう。

人気ゲームが勢揃い

どれだけボーナスやキャッシュバックに力を注いでいても、肝心のゲームがつまらなかったら誰もそのオンラインカジノを利用しないでしょう。
ギャンボラは現在のオンラインカジノ業界において、最高クラスのソフトウェア会社とライセンス契約を結んでいます。
エボリューションゲーミング、ネットエント、プレインゴー、ユグドラシルとどこのソフトウェア会社もそれぞれに個性を持っていて、一度遊んだらすぐに虜になってしまうことでしょう。

更には、オンラインカジノ業界ナンバーワンのソフトウェア会社と言われているマイクロゲーミングのゲームも提供されるとのことなので、今人気のゲームはほとんどすべて揃えられることになるでしょう。

そして、ソフトウェア会社はオンラインカジノとライセンス契約を結ぶにあたり、信頼できるオンラインカジノかどうかをチェックします。
名前も聞かない小さなオンラインカジノでは、最高クラスのソフトウェア会社とライセンス契約を結ぶことはまずできません。
最高クラスのソフトウェア会社のゲームを提供できているということは、信頼できるオンラインカジノであるという証です。

また、ギャンボラのゲームはブラウザゲームを取り入れているので、わざわざゲームのソフトウェアやアプリをダウンロードする必要がありません。
オンラインカジノでギャンブルを楽しみたいと思ったら、サイトにアクセスしゲームを選択するだけでその場で即プレイできます。
ブラウザゲームであることにより、動作も軽いので端末を選ばずに楽しめるというのもメリットの一つでしょう。
動作が軽いことから、パソコンだけでなくスマホ、タブレットからも利用できるので、インターネットに接続できる環境ならば屋外にいてもギャンブルを楽しむことができます。

日本人にはありがたいスピーディーな出金

オンラインカジノのデメリットはただ一つ出金に時間がかかるということです。
オンラインカジノは海外のギャンブルであるため、すべて出金も海外経由で行うのが基本です。
海外を経由することによって、出金し国内口座に着金するまでに一週間ほどかかる場合もありますし、手数料に関しても非常に高く付きます。

ギャンボラは日本人優先の出金対応を行っているので、短時間で出金することができますし、また日本人プレイヤーを優先してくれているので土日でも出金することができます。
こういった日本人を優先してくれる出金対応によって、これからギャンボラは日本人プレイヤーにとって身近なオンラインカジノとして高い人気を得ていくことでしょう。

オンラインカジノの広がりと安全性は均一ではない

今、世界レベルで人気を呼んでいるギャンブルが、インターネットの世界に確立されていたことをご存知でしょうか?
それはオンラインカジノというギャンブルですが、多くのギャンブラーがこの新しいギャンブルに注目しています。

しかしながら、このオンラインカジノとはどんなものでしょうか?

オンラインカジノの特徴

オンラインカジノは、インターネットを使って、専用のカジノサイトにアクセスして賭けることができるバーチャル型ギャンブルゲームのことを指しています。

カジノと言えば、ラスベガスやマカオのようばゴージャスな世界で煌めくようなランドカジノを連想するかと思います。
そんなカジノのゲームには、テーブルームのブラックジャック・バカラ・ポーカーといったカードゲームや、カジノの女王と言われるルーレット・スロットマシンがあります。

オンラインカジノでは、これらのゲームにインターネットからアクセスして参加することができます。
見た目は、ネット対戦ゲームやソーシャルゲームのような進め方になるのですが、電子マネーやクレジット決済で、専用コインやチップに替えたキャッシュを実際にカジノで賭けて勝負するができる上に、勝つことで配当金を得られる魅力があります。
しかも、オンラインカジノは、パソコンやスマートフォンを活用したアクセス方法で賭けるので、スキマ時間があれば、時間や場所の制約なく、手元の端末を操作してエントリーすることが可能です。

小さなスマホの画面からでも、ライブカメラで画面越しに、ルーレットテーブルにチップを置いたり、ブラックジャックでディーラーと追加カードを求めて勝負することができるので、リアルタイムな賭け方・勝負が楽しめることも魅力の1つになります。

オンラインカジノの法的な違法性・合法性

オンラインカジノは、日本でもこの数年の間に会員登録数が増えており人気が高まっているギャンブルですが、日本国内で法的に認可されている賭博は公営ギャンブルに限られています。
具体的に競馬・競輪・競艇・宝くじ・スポーツ振興くじのみが合法的賭博とされており、それ以外のギャンブルは認められていません。

このようなことからすると、オンラインカジノのようなギャンブルも禁じられているといっても不思議ではないのですが、どうしてここまで人気が出てきているのでしょう?
それは、オンラインカジノで賭けることが、日本国内での賭博行為とはみなされていないからです。

オンラインカジノでプレイするためには、一旦、海外で公開されているカジノサイトにアクセスして賭けることになります。
このようなギャンブルスタイルを取り締まる法律は、日本で整備されていないことが。「オンラインカジノ=違法」と断定することにはならないわけです。
但し、このギャンブルを正式に認める法律も存在していないために、違法ではないが合法でもないと位置づけにあるのが、オンラインカジノの法的な解釈となっています。

オンラインカジノに詐欺はあるのか?

オンラインカジノは、今でも世界でサイト数が増えて続けています。
その数にして1000~2000サイト以上もあると推測されており、これだけサイトがあると、どのオンラインカジノがどのような経営をしているのか判断が難しくなってきます。

その分だけ会員登録を賭けるべきサイトか迷いが生じてしまいます。
これらのサイトの中には残念ながら詐欺的なサイトが潜んでおり、賭け金を盗まれる被害が現実に発生しています。
このような詐欺目的とした悪質なサイトでは、会員登録・入金処理を普通のオンラインカジノと全く同じアプローチ方法で手続きが簡単に進んで行くので、詐欺サイトと認識することが難しいのです。

しかしながら、実際にゲームでベットする段階でチップを賭けた後にゲームに進まない状態に陥り、やっと正常なカジノではないと認識できるのです。
このことからオンラインカジノでプレイするためには、健全なサイトを見極める必要があり、カジノサイトに掲載されているライセンスの有無を確認する必要が出てきます。

ここで言うカジノライセンスとは「カジノ運営許可証」のことで、カジノの運営を法的に認めたものです。
このライセンスを発行するのは、イギリスやその連邦国の加盟国のジブラルタル・マルタ・マン島など数々の国がありますが、特にイギリス系の国が発行したライセンスを取得しているオンラインカジノは、厳しい審査が行われていることから、ライセンスに高い信頼性があります。

しかし、ライセンス発行国の中で南米系国の発行ライセンスは、会員登録を控えておいた方がいいでしょう。
南米系は審査が緩くライセンス発行が乱発傾向にあるために悪質サイトが生まれやすいと言われています。
そのことから、ライセンスを取得しているオンラインカジノでも、発行国も合わせて確認して会員登録することで悪質サイトを避けることが可能になってきます。

額面以外の部分にも注意が必要

額面以外の部分にも注意が必要

「オンラインカジノを始める」となると、無数にあるオンラインカジノ業者の中から自分に合ったものを見つける所から始まるのですが、オンラインカジノ業者はそれぞれ独自の魅力・特徴を持っています。

それもそのはず、オンラインカジノ業者としてもやはりそこはビジネス。
ユーザー獲得のためには「他のオンラインカジノ業者にはない部分」をアピールすることで、多くのユーザー獲得をと考えていますので、どのオンラインカジノを魅力に感じるのかは人それぞれです。

言い換えれば、それぞれ異なる部分をチェックし、比較することで自分にピッタリのオンラインカジノを見つけることが可能であるともいえます。
そして、その際の比較対象の一つとなるものにボーナスが挙げられます。

ボーナスとは?

ボーナスとは?

オンラインカジノが用意しているボーナスには様々な種類があります
そのため、業者によって全く異なります。

基本的に、どのオンラインカジノも遊戯を楽しみ、利益を狙うという点は共通しています。
用意されているゲームが異なりますので、どのゲームがあるのかという点もオンラインカジノの判断材料の一つになっているのですが、その際、ボーナスが多々用意されています。
一例を挙げるとするならば、入金した際にもらえるボーナスや、ゲーム内の特定の動作によって得られるボーナスなどです。
これらのボーナスは利用者にとって魅力的なものである一方、業者によって異なる部分になります。

例えば入金ボーナス。
オンラインカジノのアカウントに入金することで、入金額に応じたボーナスをもらえます。
利用者にとってはありがたいサービスである一方、どれくらいのボーナスなのかや、何回もらえるのかなど、細かい部分に於いて大きく異なります。
だからこそ、魅力的なボーナスを用意してくれているのはどこなのかを調べた方が良いでしょう。

ボーナスを比較する上での注意点

オンラインカジノのボーナスは多いに越したことはありませんが、額面だけで判断するのではなく、総合的な判断が大切になります。

例えば入金額の〇〇%といった形による入金ボーナスがありますが、50%よりも100%の方が魅力的…という考え方はよく分かります。
単純に数字が多い方がより大きなボーナスを得られる…と考えるのは当然ですが、ボーナスの「内容」も吟味することが大切です。
というのも、例えばですがボーナスで得た部分は出金できないよう設定されているオンラインカジノもあります。

オンラインカジノ側とすれば、使ってもらいたいからこそボーナスを付与していますので、何もせずに出金されてしまったらただ単にお金をばら撒いただけで終わってしまいます。
その対策として、ボーナスだけでは出金できないようにしているオンラインカジノもあります。
また一方では、ボーナス分も「ユーザーに付与」という考えから、ボーナス部分も自由に出金できるよう設定しているオンラインカジノもあります。
この点は使い勝手という点では大きな違いになります。

なぜなら、出金できないということは、全てオンラインカジノの遊戯の中で消費しなければなりません。
一方、ボーナスの利用制限がないオンラインカジノであればどのように使うのも自由です。
そのため、ボーナスでオンラインカジノを選ぶ際には、数字だけではなくどのような使い勝手なのかという点まで含めて考慮した方が良いでしょう。

額面の方が目立つ部分になりますので、どうしても単純に比較しやすく、「多ければOK」という考えになるのも分からない話ではありません。
しかしながら、どれだけ高い入金ボーナスを用意しているとしても、使い勝手が悪ければ意味がありません。

プレイ中のボーナスに関して

プレイ中のボーナスに関して

プレイ中のボーナスに関しても、やはり使い勝手が大切です。
ボーナス部分として「特別枠」なのか、あるいは入金した部分と同じ感覚で利用できるのか。
この点もチェックしておくと良いでしょう。

ゲーム中に得られたボーナスもまた、結局は遊戯の中で使わなければならないものであれば、ふと出金したくなった時には「別枠」としてカウントされてしまいますので、自分が把握している額面を下せません。
一方、「同じ枠」としてカウントされるボーナスであれば使い勝手は決して悪くはありませんので、この点こそ、しっかりと判断しておいた方が良い部分と言えるでしょう。

この点に関しては遊んでみなければ分からない部分もあれば、事前に分かる部分もありますので、ある程度チェックしておくと良いでしょう。

まとめ

オンラインカジノに於いてボーナスは大きな魅力ではありますが、ボーナスにも種類がありますので、ただ単に数字だけで判断するのではなく「どのようなボーナスなのか」という点まで考えることが大切です。
その点を考えておくことで、実際に遊んだ際の使い勝手等も変わってきます。

もちろん額面も魅力的なものであるものなので、数字、使い勝手を含めてトータルで考えることが大切だと覚えておくと、どのボーナスが自分にとって魅力的なのかが見えてくることでしょう。

履歴の確認は勝利への大きな助けとなる

ルーレットは履歴を見ながら把握する

ルーレットは履歴を見ながら把握する

オンラインカジノでは履歴などを確認できるシステムが用意されています。
履歴をしっかり確認しておけば、これまでの情報を把握しやすくなるため、より遊びやすい環境を整備できるでしょう。
オンラインカジノで勝ちたいと考えているなら、まずは履歴の確認を取り入れるようにしましょう。

ルーレットでも履歴が表示されており、どの場所にボールが落ちているか簡単に把握できます。
ボールが落ちる場所を把握できれば、最終的にオンラインカジノでの勝率を上げられる可能性があります。
少しでも勝ちやすい環境を整えるなら、履歴の確認は大事です。

履歴によってルーレットの癖を見抜く

履歴によってルーレットの癖を見抜く

オンラインカジノでは履歴が表示されており、どの場所にボールが落ちているか簡単に把握できます。
履歴によってボールの位置がある程度わかるため、どのような癖を持っているかある程度確認できるでしょう。
特にプログラムゲームの場合、プログラムの方針によって癖がついている可能性もあります。
ある程度癖の状況を見抜けるようになれば、オンラインカジノではかなり勝ちやすくなるでしょう。

オンラインカジノで遊ばれているルーレットは、全ての情報を残しているため、ボールの位置が簡単にわかります。
同じような場所に延々とボールが落ちているなら、基本的に癖によってその場所にボールが存在していると考えていいでしょう。
一方でボールが分散している場合、狙っている場所とは異なる場所に落ちる可能性も高くなっているため、現時点では狙えないものと考えてもいいでしょう。
しっかりと履歴を見ながら情報の把握と賭ける場所を検討することが重要です。

有力なベット箇所がある程度わかるようになっていけば、オンラインカジノで勝ちやすくなる可能性があります。
また、オンラインカジノのルーレットでは履歴によって情報の把握を進めていけば、どの場所を狙えば勝てるのか簡単にわかるのです。
情報から勝ちやすい状況の創出を心がければ、最終的にはルーレットの勝率が格段にアップしているでしょう。
高い勝率を狙うためには、過去の情報をしっかり見る癖を付けなければなりません。

ルーレットはライブゲームほど履歴が大事

一般的なプログラムで提供されているルーレットの場合、基本的にプログラムによって場所をばらつかせるようなシステムが存在しており、ボールの位置を把握しづらい傾向があります。
ボールの場所をある程度固定する可能性が高いルーレット、それがライブゲームです。
ライブゲームの場合は、ディーラーがルーレットを回転させるために癖がより程度強くなっており、同じような場所に延々とボールが落ち続けるという傾向もあるのです。

ディーラーの場合、ボールが落ちる場所は力加減などによって変えなければなりません。
本格的なカジノであれば、ある程度の指導やテクニックを身に着けているためにボールの位置はばらつかせる方法もあるのですが、オンラインカジノのディーラーはそこまで実力がありません。
従ってボールの位置が偏りやすい傾向があり、延々と同じ場所にボールが落ちる傾向もあるのです。
ボールが落ちる癖がある程度わかれば、後は勝つための賭けを続けるだけです。

ライブゲームの場合はより履歴が大事だと考えてください。
同時にライブゲームで遊ぶ前は、ボールがどの位置に落ちているか見る癖を付けつつ、現時点でのボールの位置までしっかり把握してから遊んだほうがいいでしょう。
勝つためにはボールの位置をしっかり把握する癖を付けなければなりません。
現時点で進行しているゲームだけではなく、他のゲームでも同様にボールの位置が偏っていないかしっかり見ておくと安心できるのです。

履歴は勝ちやすさを上昇させる要素でもある

履歴は勝ちやすさを上昇させる要素でもある

オンラインカジノは履歴を残してユーザーに情報提供を行っています。
情報提供された内容によって、勝ちやすい環境をしっかり得られるようになれば本当に助かりますし、賭け金を増やしても勝てる可能性は十分にあります。
特に2倍程度の配当であれば、傾向さえしっかりわかっていれば勝ちやすくなるでしょう。
勝ちやすさを求めて、とにかく多くの配当を狙ってゲームを続けられるよう、履歴をしっかり見るように心がけてください。

ルーレットの履歴は、ディーラーの癖を見抜くと同時に、どのような状況でゲームが進んでいるのかしっかりと把握できます。
オンラインカジノでは、ルーレットの履歴を見ておくだけで勝率アップと賭け金の抑制につながる場合もあります。
しっかりと現時点での情報を見ながら、自分が賭けていく場所を知っておきましょう。

なお、オンラインカジノによっては履歴を表示していない場合もあります。
履歴が残されていないオンラインカジノで遊ぶのは避けて、履歴を残してくれるオンラインカジノを探しましょう。
その方が勝ちやすい傾向もありますし、安心して勝負ができるのです。

最新にして最安の手数料が自慢の決済手段

オンラインカジノの入出金は意外と大変

オンラインカジノの入出金は意外と大変

オンラインカジノは勝ちやすく遊びやすいギャンブルです。
ペイアウト率は95%という高さですし、24時間365日いつでも好きな時に遊ぶことができます。
こうしたオンラインカジノの魅力に惹かれ、オンラインカジノを始めてみたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

日本人のオンラインカジノ利用者数は毎年増え続けていますが、始めてみたいと思いながらもその利用を諦めてしまっている方も少なくはありません。
なぜ、始めてみたいと興味を持ちながらも始められずにいるのかというと、それは入出金が意外と大変だからです。

オンラインカジノは海外のギャンブルです。
そのため、オンラインカジノを始めるにはまず海外のオンラインカジノ口座に入金しなければなりませんが、日本国内の銀行口座から海外の口座へ入金するには、海外送金を利用しなければなりません。

海外送金は手続きに手間がかかるだけでなく、送金が完了するまでの時間も数日要しますし、なにより手数料が非常に高くついてしまいます。
こうした海外送金にかかる時間、費用を手間と感じ、オンラインカジノの利用を諦めている方が多くいます。

海外送金の他にも入金手段はある

海外送金は確かに時間も費用もかかってしまいますが、オンラインカジノへの入金方法は海外送金だけではありません。
最近はオンライン決済サービスという、仮想のオンライン上の口座を用いた入出金方法がオンラインカジノの主流となっています。

オンライン決済サービスは海外送金と比べると、安い手数料で素早く送金することができます。
アカウント作成も無料ですし、スマートフォンからも操作できるのでいつでも気軽にオンラインカジノとの間での資金の移動を行うことができます。
このように今ではオンライン決済サービスのような便利な入出金方法がありますので、オンラインカジノの利用に足踏みする必要はないでしょう。

オンラインカジノの最新入出金方法

オンラインカジノの最新入出金方法

2019年に入りオンラインカジノの入出金に関する嬉しいニュースがありました。
日本人のような海外のプレイヤーの負担を解消するための新決済サービスが登場したというニュースです。
それはペイトラという決済サービスで、オンライン上の口座を利用し送金を行えるオンライン決済サービスです。

ペイトラは送金の速さに関しても十分に速く魅力的なのですが、一番の魅力は手数料の安さです。
オンライン決済サービスは海外送金よりも手数料を安く利用できましたが、それでも手数料はゼロではありませんでした。
場合によっては一度の入金、出金で数千円かかることもあるので、手数料が安いといってもそれは海外送金と比べた上でのものでした。

その点、ペイトラはオンライン決済サービスを利用する上で悩みとなっていたその手数料の問題を上手く解消することに成功しました。
ペイトラは、ペイトラ口座への振込手数料以外は手数料を必要としません。
オンラインカジノへの入出金に加え、ペイトラ口座から日本国内の口座への出金も無料となっています。

ここまで手数料を抑えられていると、唯一必要となる振込手数料が高いのではないかと疑ってしまいますが、振込手数料は決して高いものではありません。
なぜならペイトラ口座への振込は国内銀行振込にて行うことができるからです。

ペイトラも海外の企業が運営するサービスですが、日本人が気軽に利用することができるよう日本国内に代理業者を設けています。
ペイトラ口座へ入金する場合、その代理業者が保有する国内口座宛に入金することになるので、大きな金額を入金する場合でも振込手数料はほとんどかかりません。
しかも国内口座への振込で入金できることから、ペイトラ口座への入金額の反映も時間をかけずに行えます。
銀行営業日の営業時間内であれば、30分程度で入金額がペイトラ口座へ反映されます。

ペイトラ口座からオンラインカジノ口座への入金はほぼリアルタイムで行えますので、ペイトラ口座にさえ入金しておけばすぐにオンラインカジノを楽しむことができます。

ペイトラを利用できるオンラインカジノは3サイトのみ

ペイトラを利用できるオンラインカジノは3サイトのみ

ペイトラは誕生して間もない決済サービスであるため、オンラインカジノ業界にはまだ広く普及していません。
現在のところペイトラを利用できるのは、ジパングカジノ、カジノジャンボリー、ラッキーベイビーカジノの3サイトのみです。
この3サイトはジパングカジノグループが運営しているオンラインカジノです。

現状ペイトラが使えるオンラインカジノはジパンググループに限られてしまうのですが、ジパンググループのオンラインカジノは以前から完全日本語対応でサービスを提供していますので、日本人にとってはとても遊びやすいオンラインカジノです。
サポートへの問い合わせも日本語対応となっているので、わからない点があっても日本語で解決してもらうことができます。

そして、この3サイトは採用しているソフトウェアは一流どころばかりですし、定期的に外部監査機関の監査を受けているので安全性に関しても優れています。
ペイトラを利用できるオンラインカジノがこの3サイトだけであっても、日本人にとってはどのサイトも魅力的なので、利用できるオンラインカジノが限定されていてもまったく問題ないでしょう。

悪徳業者が運営するカジノを避ける方法

スマホ片手に楽しめるゲームは、自分の好きなタイミングでできる上に手軽に楽しめるので、若い人を中心を夢中にさせています。
しかし、ネットでできるゲームはさらに進化してネットギャンブルという新しい娯楽を提供してくれてました。
それがオンラインカジノというネット型のギャンブルゲームです。

単なるゲームではないオンラインカジノ

単なるゲームではないオンラインカジノ

オンラインカジノはパソコンだけでなくスマートフォンからでも参加することができるので、見た目はオンライン型のゲームのように見えますが、実際は本場カジノのオンライン版ギャンブルと理解した方が正しいかもしれません。

ネット上のギャンブルなので、実際のお金を賭ける時には電子マネーや電子決済、ビッチコインのような仮想通貨で入金します。
入金さえ済ませてしまえば、後はカジノサイトで提供されているゲームでベットして予想したり、勝負をして配当金を狙うことができます。

他ギャンブルと違う点は?

今までギャンブルと言うと競馬や競輪などがありましたが、これらのギャンブルと違う点は、豊富なゲームの中から自分の好きなゲームを選んで賭けることができる手軽さ・気軽さでしょう。

オンラインカジノのサイトは海外の色々な所で公開されているので、24時間いつでも参加することができます。
仕事が終わり帰宅中の電車の中や、外回りで空いている時間を使って僅かな時間の中でかけて稼ぐことも不可能ではありません。
このように自分のペースに合わせて参加できるために、スマホを使っている人ならオンラインカジノで遊ぶことができるのです。

オンラインカジノの歴史

若い世代を中心に盛り上がるオンラインカジノは、いつ頃から始まったのでしょうか?
実はその歴史は古くはなく、1990年代に始まったとされています。
イギリス連邦のメンバーであるアンティグア・バーグーダでオンラインカジノのライセンスを発行する法律が作られたのです。

その2年後にはオンラインカジノが始まったのですが、当時はまだインターネットの環境も立ち上がったばかりで、本格的な動きはネット回線の広帯域化を待たなければなりませんでした。
その後、光回線による高速化・公衆回線の無線化などにより、オンラインカジノが楽しめる土壌ができ始めた結果、オンラインカジノの普及が爆発的に進み広がっていったのです。

それから20数年が経ち、今では世界中で多くの人々が手元のスマホでブラックジャックでディーラーと勝負をしたり、ポーカーで他のプレイヤーを勝敗を競うことができるわけです。

オンラインカジノには詐欺やインチキは存在する?

オンラインカジノには詐欺やインチキは存在する?

このように自分の好きな時に楽しむことができるオンラインカジノですが、注意しなくてはならないことがあります。
それは、カジノサイトの中には、非常に悪質なサイトがあることです。
見た目上は、オンラインカジノのゲームを公開しているような素振りをしながら、会員からの賭け金を騙し取ることを目的に公開されていますが、まるでフィッシングサイトのような詐欺サイトといえます。

これらのサイトでは、会員登録や入金までは簡単に行うことができるので、プレイヤーは全く疑うことをしません。
しかし、実際にゲームを始めようベットして進めたくでも、画面はフリーズ状態となってしまい、先に進むことができません。
その時点ですでに詐欺サイトに騙されているのです。

残念ながらオンラインカジノには、このようなインチキサイトが存在するので、注意をしなくてはなりません。

ライセンスで優良・悪質を見定める

では、このような詐欺的なサイトを避けて優良サイトを見定めるためには、どのようなことをしなくてはならないのでしょうか?
それは、ライセンス(カジノ運営許可証)を取得しているサイトを選択することに他なりません。

オンラインカジノのライセンスを取得するためには、厳しい審査を受ける必要があるので、この許可を受けたサイトは信頼のおけるカジノと言えます。
しかも、このライセンスを持つサイトは、取得後も非定期で第三者機関の審査も受けて合格する必要があります。
この審査に通らないと、せっかく取得したライセンスが失効となるので、たとえカジノを運営している最中でも、事業を止めなければなりません。

それだけオンラインカジノの公平性・透明性が担保されいるので、オンラインカジノでのライセンスは大きなステータスを持っていることになるのです。

事業者から見ても魅力の大きいカジノ

事業者から見ても魅力の大きいカジノ

これだけ厳しい審査を求められても、運用管理を徹底できるのは、やはり事業者から見ても大きな魅力があるからです。
日本のギャンブルと比べてペイアウト率が非常に高いオンラインカジノは、一見事業者の利益が非常に少ないと思われてしまう場合があります。
しかし、グローバル規模でインターネット経由でプレイヤーが絶え間なく集まってくるわけなので、1度カジノサイトをオープンさせることが出来れば、これほど、魅力的なビジネスがないかもしれません。

理論上不敗の攻略法と制約

マーチンゲル法とはどんな攻略法なのか

マーチンゲル法とはどんな攻略法なのか

ギャンブルをするにあたっての一番の目的は利益を得ることでしょう。
もちろんゲーム自体を楽しむこともギャンブルの目的の1つですが、やはり利益を得ることがなによりもの目的となります。

オンラインカジノはその他多数のギャンブルと比較して利益を得やすいギャンブルサービスです。
日本のギャンブルのパチンコ、競馬、競輪などの還元率が70%前後となっているのに対し、オンラインカジノの還元率は95%前後となっているので、オンラインカジノがどれほど利益を得やすいギャンブルかがわかるでしょう。

しかし利益を得やすいといっても、ギャンブルである以上運営側に利益が出るような仕様になっています。
運営側が利益を上げられなかったら、サービスとして成り立たないのでこれは当然のことです。
還元率の高さが魅力のオンラインカジノであっても、多くの場合プレイすればするほど利益を残しにくくなります。

しかしオンラインカジノの儲ける手段はカジノゲームであるため、カジノゲームの攻略法を用いれば、利益を残せる可能性を高めることができます。
実際、カジノゲームの攻略法は多数ありますが、その中でも高い知名度を誇っているのがマーチンゲール法です。

マーチンゲール法は勝率50%のゲームに有効な攻略法で、ベット額をその時により決めるフラットベットとは違い、システムベットと呼ばれる決められた手順に沿って決められたベット額でプレイしていく攻略法です。

システムと名が付いている賭け方のため、手順に難しさを感じてしまいますが、マーチンゲール法の賭け方はとても簡単で、負けが続いている間倍賭けをしていくだけです。
10ドルを賭けて負けたら次のゲームでは倍の20ドルを賭け、また負けてしまったら次は40ドルを賭けます。続けて、80ドル、160ドルと勝つまで倍で賭けていきます。

この倍賭けにどのようなメリットがあるのかというと、それは1回でも勝てば負けた分を取り戻すことができるということです。
最初に10ドルを賭け負けると収支は-10ドルとなりが、次のゲームで倍の20ドルを賭けて勝つと収支は+10ドルとなります。
これはどれだけ連敗が続き、ベット額が大きくなっても同じです。
マーチンゲール法を用いれば、1度の勝ちで収支のマイナスを解消し、最初に賭けたベット額分のプラスに転じさせることができます。

ゲームをプレイし続ければ必ずいつかは勝つことができるので、マーチンゲール法を用いれば理論的には負けることがありません。
どんなギャンブルでも負けが続くと精神的に弱くなってしまうものですので、このような負けることがないという強みはギャンブルを行うにあたり、とても大きな支えにもなってくれます。

連敗する確率の低さが魅力の1つ

連敗する確率の低さが魅力の1つ

マーチンゲール法は連敗に応じてベット額が倍に上がっていきますが、実際は連敗する確率はかなり低いので、ベッド額が初めの100倍以上に膨れ上がることはまずないと考えて良いでしょう。

マーチンゲール法は勝率50%のゲームに用いるため、初めのゲームで負ける確率は50%です。
続いて2連敗する確率はさらに半分の25%、3連敗になる確率は12.5%と連敗の確率は回数を重ねるごとに半分に減っていきます。
賭け金が100倍を超えてしまうのは7連敗し、8度目のゲームとなります。
7連敗する確率は0.8%しかありませんので、まずここまで負けが続くことはありません。
これが10連敗となると負ける確率は0.1%にまで下がります。

マーチンゲール法はこうした連敗する確率の低さも意識した攻略法であるので、カジノゲームの攻略法の中でもプレイヤーからとりわけ高い人気を誇っています。

ベットリミットは必ず確認しておくようにする

ベットリミットは必ず確認しておくようにする

実際のカジノと同じく、オンラインカジノにおいてもゲームに賭けられる最大のベット額が決まっています。
この最大のベット額はリミットベットと呼ばれ、各ゲームごとに設定されています。
マーチンゲール法は連敗するに従いベット額を倍にしていく攻略法ですので、リミットベットに到達してしまわないようにリミットベットを意識した上で用いることが重要となります。

万が一リミットベット以上のベット額が必要となると、せっかくのマーチンゲール法もその効果を発揮することができません。
最悪の場合、膨らんだマイナスを取り戻すことができずトータル収支が大きなマイナスとなってしまう可能性もわずかながらありますので、マーチンゲール法を用いる際はプレイするゲームのベットリミットを必ず確認するようにしましょう。

そして、そのリミットベットの確認に加えて、どのくらい連敗が続くとどのくらいのベット額が必要となるのかということもシミュレーションしておくことをおすすめします。
紙などに連敗数に応じた必要ベット額をメモしておけば、一目でベットリミットまでどのくらいかを知ることができますので、自分がわかる程度のもので良いので、手元にそうしたメモを置いておくと良いでしょう。

こうしたベットリミットの関係もありますので、マーチンゲール法に慣れるまではミニマムベットからスタートし、勝ち負けの感覚を掴んでから初回ベット額の調整を行うようにすると良いでしょう。

高い信頼と安心のサポートが人気を呼ぶカジノ

日本人スタッフによるサポート対応

日本人スタッフによるサポート対応

オンラインカジノについて検索すると必ずヒットするのがベラジョンカジノです。
なぜベラジョンカジノが検索上位に上がっているのかというと、それはベラジョンカジノが日本人から高い評価を受けているからです。

ベラジョンカジノは、オンラインカジノ業界では数少ない日本語に対応しているオンラインカジノです。
サイトのアカウント作成画面から日本語表示となっているので、英語をはじめとする外国語に不慣れな方でも安心して利用することができます。
特に嬉しいのは入出金に関してです。
実際にお金を動かす入出金も日本語で方法が表示されるので、誤った方法を選択したり、誤った解釈により上手く入出金ができないというような事態に陥ることはありません。

また、ベラジョンカジノはサイトやゲームが日本語で表示されるだけでなく、日本語でのサポートも受けることができます。
ベラジョンカジノではメールの他にチャットでのサポートを行っています。
どちらの方法でも現地の日本語ができるスタッフではなく、日本人スタッフの対応を受けることができますが、問い合わせ対応が早いのはチャットです。
混み合っている時でなければ、すぐに日本人スタッフに繋がりますので、リアルタイムでわからない点を解決してもらうことができます。

こういった日本語表示、日本人スタッフによるサポート対応があることからベラジョンカジノは日本人から高い評価を受けるオンラインカジノとなっています。

安全性の高いオンラインカジノ

安全性の高いオンラインカジノ

オンラインカジノは世界に数え切れないほど存在しています。
そして、その中には払い戻しをできないように操作したり、ゲームの勝率を大きく下げたりする悪質オンラインカジノも存在します。
悪質なオンラインカジノの特徴は、海外の政府が発行している運営のライセンスを持っていないということです。

オンラインカジノの運営には運営会社のある国の政府よりライセンスを発行してもらう必要があります。
ライセンスを取得するのは非常に難しいため、オンラインカジノはそんな簡単に始められるサービスではありません。
もちろんベラジョンカジノもライセンスを取得し運営を行っています。
ベラジョンカジノの運営会社はDumarca Gaming Ltdという会社で、地中海に浮かぶマルタ島に拠点を置いています。
拠点がマルタ島にあるため、マルタ島のライセンスを取得しているのですが、ベラジョンカジノはさらにイギリスとデンマークのライセンスを取得しています。

オンラインカジノは拠点を置く政府のライセンスだけでなく、オンラインカジノを合法としているその他の海外の国の政府のライセンスも取得することができます。
3つのライセンスを取得しているというだけでも安全性が高く信頼できるオンラインカジノと判断することができるのですが、マルタ島、イギリス、デンマークのライセンスはその他の国のライセンスと比べて取得難易度がかなり高くなっているので、ベラジョンカジノはその他のオンラインカジノよりもずっと安全で信頼できるオンラインカジノであると言えます。

日本人はオンラインのサービスになによりも安全性を求めますので、このようなベラジョンカジノの安全性の高さもまた高評価となっている理由の1つです。

多くのソフトウェアを採用している

多くのソフトウェアを採用している

オンラインカジノのゲームは運営会社とは別のソフトウェア会社がすべて作っています。
運営会社がソフトウェアに関係していないことによって、ゲームの公平性、公平さを保つことに成功し、不正のないギャンブルを常に提供することができています。

このソフトウェア会社は、1社または2社程度を採用している場合が多いのですが、ベラジョンカジノは20社ものソフトウェア会社を採用しています。
採用会社の中には、ソフトウェア会社の中でもトップクラスであるマイクロゲーミングやネットエントの名もあります。
トップクラスのソフトウェア会社を採用するのはそう簡単なことではありません。
ソフトウェア会社側もソフトウェアを貸し出すに相応しいオンラインカジノかどうかの審査を行うので、トップクラスのソフトウェア会社を採用しているということはソフトウェア会社にもその運営力を認められたオンラインカジノであると言えるでしょう。

20社ものソフトウェア会社を採用しているため、自然とゲーム数も多くなります。
一般的なオンラインカジノの場合、100~200程度のゲーム数となっていますが、ベラジョンカジノはそうした一般的なオンラインカジノの3倍以上の700ものゲームを提供しています。
これだけゲーム数が多くても採用しているソフトウェア会社の数も多いので、似たり寄ったりのゲームが多いということもありません。
700それぞれのゲームごとに個性があるため、ベラジョンカジノを遊び尽くすのはかなり長い時間を必要とします。

こうした飽きることなくいつまでも楽しめるゲームが数え切れないほど用意されていることにより、ゲームにはかなり厳しい日本人でも十分満足することができるオンラインカジノとなっています。

気軽に使え充実感も得られる攻略法

マーチンゲール法やココモ法と並んで、とても有名な戦法にモンテカルロ法というものがあります。
モナコのモンテカルロといえば、カジノの聖地です。

モンテカルロのカジノを潰すほど荒稼ぎした戦法ということで、モンテカルロ法と呼ばれています。
今回は、このモンテカルロ法について、そのやり方やメリット、デメリットについて解説していきます。

モンテカルロ法のやり方

モンテカルロ法は、2倍配当か、3倍配当のゲームで使えます。
倍率によってやり方が異なるのが特徴です。

モンテカルロ法のやり方

モンテカルロ法は、基本的に紙とペンを使います。
ランドカジノの場合、テーブルに紙とペンを出していたら、注意をされることがあります。
しかし、オンラインカジノでプレイするのに、そういった制限はありえません。

2倍配当の場合

紙に1、2、3を記入します。
ルールは、左端と右端の数字を足した額をベットすることです。
なので、最初は4ドルを賭けます。

負けたときは、右に負けた額を記入します。つまり、1、2、3、4となります。
逆に勝ったときは、両端の数字を消すのがルールです。
1と3が消えて2だけになったので、ここで終了します。
また最初から始めます。

1、2、3、4となったら次は、両端を足した5ドルを賭けます。
また負けたら、今度は1、2、3、4、5となったので、6ドルを賭けます。
6ドルで勝ったときには、1と5が消えて2、3、4が残りますから、両端を足して6ドルを賭けることになります。
勝ったときは新たに記入せずに両端を消すだけなので注意が必要です。

数字が1つになるまで繰り返します。
こうしていけば、リスクが限りなく少なく、利益が発生します。

3倍配当の場合

3倍配当のときは、勝ったときに両端を1つずつ消すのではなくて、2つずつ消します。
これが違うだけです。
1、2、3、4、5、6の状態で勝ったら、両端を2つずつ消して3と4が残ります。
なので次は7ドルを賭けることになるわけです。

3倍配当は、負けが込んでも利益を取り戻しやすいのが特徴です。

モンテカルロ法の特徴

1回勝つだけでは不充分

モンテカルロ法の弱点は、1回の勝ちでそれまでの負けを取り戻せないということです。
何度もプレイして何回も勝たなければ、利益が発生しません。
マーチンゲール法やココモ法の場合、1回勝ちが来れば、それまでの負け分を全て取り返すことができましたから、それが弱点だといえます。

懐に優しい

懐に優しい

ただし、その分賭け金が上昇しにくく、テーブルリミットにかかりにくいというメリットがあります。
元手があまり多くない、という人でもチャレンジできる戦法です。

長引きやすい

特に長期戦になりやすいのも、モンテカルロ法のデメリットです。
かなり長引くことがあるので、そうなると、どうしても記憶のために紙とペンが必要で、それらがあっても記入自体が面倒になりがちです。

こういった面倒さから、モンテカルロ法を好まない人も多いです。

利益が発生しやすい

ただし、どれほど面倒でも、数字が1つになるまで(1セットが終わるまで)続ければ、必ず利益が発生して終われるのが魅力です(例外として、2倍配当では損をすることがある)。

このように、頑張った甲斐のある結果が得られる確度が高いことが、モンテカルロ法がここまで有名になり、長く続いている戦法となっている所以です。

モンテカルロ法のメリットとデメリット

メリット

モンテカルロ法のメリットは、やはり賭け金が増大しにくいので、負けたときのリスクが少ないことです。
なるべく精神的な負担を少なくして、楽な気持ちで楽しみたい人に向いています。

また、紙とペンを使って数字を記入しながらプレイするので、戦法を使っているという充実感を得られると感じる人も少なくありません。
特にカジノにあまり詳しくない彼女の前で行って、結果、勝てたときには評価がぐんとアップすることがあります。
数字を記入して行い、長引くと数字の量も多くなるので、知らない人が見ると知的な印象になります。

特にオンラインカジノでは、ディーラーなど運営側の目が届かないので、堂々とできるのがメリットです。

デメリット

モンテカルロ法の場合、慣れてきてもどうしても紙とペンが必要です。
長引きやすく数字も多くなってくると、頭の中だけでは難しくなるからです。
無理にやろうとすると、計算間違いを起こしやすく、それが負けにつながります。

その手間を嫌う人には向かない戦法です。

さらに前述したように、2倍配当のゲームでは1セットが終わっても利益が残らず、損をする可能性があります。
なるべく3倍配当のゲームでするのがおすすめです。

まずは無料ゲームで試すのがベスト

まずは無料ゲームで試すのがベスト

モンテカルロ法のような紙とペンが必要な戦法の場合、いきなり実戦で試すのは危険です。
オンラインカジノでは、無料でプレイできるテーブルゲームが用意されていますから、まずはそこで試してから自分との相性を確かめたうえで、実戦に臨むのが良いでしょう。

選択肢の幅が広がる決済手段

オンラインカジノの利用方法と入金について

オンラインカジノの利用方法と入金について

オンラインカジノは最近日本国内でも個人的に楽しむ分には安心してできるものが増えてきましたが、まだまだ初心者にとっては分かりづらい点もいくつかあります。
中でもネット上のギャンブルということもあり入金や出金などの手続きは色々なものがあり、どれを選べば良いか分かりづらいでしょう。

入金に関しては主に3種類があり、クレジットカード、電子決済サービス、銀行振込から選ぶことができます。
そしてカジノという性質上買った時にはその金額を出金することができるのですが、こちらは電子決済サービスと銀行振込の2つとなってしまいます。

比較的分かりやすい入金方法

これらの入金方法で比較的身近なものとしてはクレジットカードと銀行振込があります。
こちらは普段使っているサービスと同じように使うことができますので、オンラインカジノでも簡単に入金手続きをすることができます。

しかしオンラインカジノは海外の会社が経営をしていることもあり、クレジットカードなどは該当する種類が限られたりするので、使用する際には事前にオンラインカジノのホームページ上でチェックをしましょう。
また銀行振込に関しても海外のオンラインカジノとやり取りをする性質上入出金の手続きに時間がかかったり、手数料などが高めになるというデメリットもあるのは覚えておきましょう。

オンラインカジノでメジャーな電子決済サービス

オンラインカジノでメジャーな電子決済サービス

クレジットカードや銀行振込などは普段でも使うので馴染みやすいのですが、電子決済サービスは使ったことも無い方も結構いるでしょう。
この電子決済サービスはオンラインカジノの入出金としても便利に使えるものが多く、専用のカードを作ることで提携ATMからの出金が可能になるのも便利です。
入金だけではなく出金も一元化できるので、資金の管理も分かりやすくなるのでオンラインカジノ意外にも色々と便利なのが電子決済サービスです。

電子決済サービスのエコペイズについて

オンラインカジノで利用できる電子決済サービスは色々なものがありますが、日本語対応をしているエコペイズは色々と便利なのでおすすめです。
こちらはイギリスの電子決済サービスですが、イギリス政府の統制下である金融行動監視機構からの許可と規制を受けているので安全性は非常に高いのも特徴となっています。

また海外の電子決済サービスなのですが日本語のホームページに対応しており、サポートまでも日本語で対応しているので万が一のトラブルが起こっても安心なのも嬉しい点です。
パソコンからの管理はもちろんですが、スマホなどでも簡単に色々な管理ができるのも便利です。

このエコペイズに対応しているオンラインカジノはベラジョンカジノ、エンパイアカジノ、ジャックポットシティカジノ、ネットベットカジノなど大手のカジノが揃っているので、利便性としても高くおすすめです。

電子決済サービスのアイウォレットについて

オンラインカジノの電子決済サービスとして次に便利なのがアイウォレットであり、こちらもホームページからサポートまで日本語対応となっているので安全に使えます。

こちらはイギリスと香港を拠点とする電子決済サービスですが、ウェブウォレットとしてはショッピングやゲームなどにも便利なために色々な人が使っています。
セキュリティ面でも業界標準のSSL暗号化技術とファイアウォールを備えており、香港政府発行のライセンスMSOも取得しているので、非常に高いレベルの電子決済サービスです。

エコペイズと同様に政府からの認証を得ているという共通点があり、まずオンラインカジノなので初めて電子決済サービスを使うならはこちらの2つから選ぶのをおすすめします。
ただしアイウォレットに関しては対応しているオンラインカジノがやや少なめとなっているのは注意しましょう。

最近流行りのビットコインも使える

最近流行りのビットコインも使える

電子決済サービスは最近色々な場面で使われてきましたが、電子的なお金として注目されて着ているビットコインも実はオンラインカジノで使えるようになってきました。
電子決済サービスと比べると対応しているオンラインカジノはまだまだ少ないのですが、送金スピードなどがとても早く手数料なども安いために、今後利用するオンラインカジノが増えてくると予測されています。

ビットコインに関してはセキュリティ面も最近ではより安全になってきているので、もしビットコインを持っているならば使ってみるのも良いでしょう。

自分に合った入金方法を選びましょう

このようにオンラインカジノの入金はクレジットカード、銀行振込、電子決済サービス、ビットコインなど色々なものが増えてきました。
色々な特徴があるので個人に合ったものを選ぶと遊ぶのが効率的になりますので、オンラインカジノで遊ぶ際には入金方法は必ずチェックをしておきましょう。

電子決済サービスは特に上述したエコペイズやアイウォレットなど日本語のサポートが充実しているものから選ぶと間違いないです。